カテゴリー
失敗

FXでなぜだましは発生するのか?だましの仕組みとだまされた後の対処法

FXは日本だけでなく世界的に流行している投資方法です。

初心者から投資家まで色んなジャンルの人が日々挑戦しています。

だましは一流の投資家でも引っかかってしまう事があります。

今回はFXのだましの仕組みと対処法を解説していきます。

だましを克服して利益をより生み出しましょう。

FXでだましが発生する仕組み

FXは相場のチャートを見て予想していきます。

テクニカル分析を利用して上にあがるか下にさがるか予想していきます。

だましとはその予想を反した動きをする事です。

投資にはセオリーが存在しますが、だましはそのセオリーと反対方向に行く事が多いです。

FXについて熟知している人でもだましを回避するのは中々難しいです。

予想と反した動きをする

相場はセオリーがあり、大体の動きはセオリー通りに動いています。

為替は毎分変動していますが極度に上昇していく事があります。

一般的に強い上昇トレンドが発生した時にエントリーする投資家が多く、上昇トレンドに乗って稼ごうとします。

だましはそのまま上昇せず一気に降下していきます。降下した事によって損切りしますが、直後にまた上昇してしまう事例もあります。

逆に下に抜ける場合も同じです。

エントリーチャンスだと思って取引に踏み切っても、予想と反した動きにより損失を生み出してしまいます。

ヘッジファンドや大口投資家が流れを変えている

相場でブレークがおきたら投資家達はチャンスだと思ってセオリー通りの投資をする人が居ます。

同時に逆に動く投資家達も居ます。ヘッジファンドや大口投資家が大量な資金を逆の方向に投資すると動きが大きく伸び悩んでしまう事があります。

伸び悩んでしまうと、損切りをする人が多く発生してしまい大きく降下します。

結果セオリーに反した動きとなってしまい、だましが発生します。

だましによって判断力が鈍くなってしまう

FXでだましに遭遇すると、何が正しい動きか分からなくなってしまう人も居ます。

セオリー通りに動いても真逆の動きをされて損切りに追い込まれたり、損切り直後に上昇されて結果的に損切りが最善策では無くなったりします。

予想が外れ続けると何が正しいのか分からなくなってしまいます。

だましに遭遇した時は、まず冷静に分析しましょう。

FXは為替変動で利益を得る

FXは一般的に為替変動で利益を得ています。

国々の金利差で稼ぐスワップという方法もありますが、大体の人は為替の動きで投資しています。

為替の動きを予想して投資するので、世界情勢は毎日チェックしましょう。

テクニカル分析を使って稼ぐ

FXではテクニカル分析を使用して投資します。

テクニカル分析は色んな種類があり、勉強する必要があります。

初心者でも簡単に実践できる分析方法があるので試してみましょう。

テクニカル分析によって稼ぎが多くなる人が沢山います。

FXは相場の変動が早い

FXは相場の動きが大変早く、ロングポジションを取る事もありますが早い動きが求められます。

早期判断が重要で、タイミングを逃してしまうと大損失に繋がります。

FX投資は少額でも柔軟に動く事が出来ます。

レバレッジをかけるタイミングや上昇トレンドにエントリーするタイミングを見逃さない事が大切です。

根拠の無い取引をするのではなく、推測して取引を行いましょう。

一気に損失を出してしまう場合もある

世界情勢をチェックしていても、一気に暴落してケアできないケースもあります。

早期損切りする事が大切ですが、間に合わない場合もあります。

強制ロスカットも追いつかず借金に繋がってしまった人もいます。

投資をするという事はある程度のリスクを背負っていると思いましょう。

だましは初心者より玄人の方がかかりやすい

だましは初心者よりFXの事を熟知している人のほうが引っかかります。

初心者はブレークやエントリータイミングをあまり知らないので、ビギナーズラックを引き起こす可能性があります。

FXの動きを知り始めるとセオリー通りに動く人が多いのでだましに引っかかりやすいです。

だましに遭遇するからセオリーを無視する行動は危険です。

だましにも気を付けつつテクニカル分析を利用しましょう。

セオリーに反した動きが読めない

投資家は取引を何度も行っているので動きが大体読めます。

だましは動きが読めず、発生するものなので回避する事は至難の業です。

まだなにも分かっていない初心者の方が無意識に回避している事があります。

だましを回避するにはエントリーのタイミングが大事

だましをなるべく回避する事は可能です。

レジスタンスラインをブレークしたから即時にエントリーするのではなく様子を見ましょう。

もしかしたらだましが起きるのではないかと考えるくらいが丁度いいです。

上昇トレンド発生時、早くエントリーする事によって利益を大きくできますが、だましに引っかかりやすくなります。

焦らず様子を見てだましを回避しましょう。

大きい利益を深追いしない

長期取引では無く短期取引を行っている人はだましに遭遇しやすいです。

短期取引を頻繁に行うのではなく、長めに取引する事もしてみましょう。

短期取引においてだましを完全回避する事は不可能です。

色んな取引の仕方に目を向けてみましょう。

損切りのタイミングを見計らう

損切りのタイミングを逃さないようにしましょう。

タイミングを見誤ってしまうと、だましに振り回される可能性がでてきます。

一気に降下しても、これがどういう意味で起きている事なのか冷静に分析しましょう。

だましを想定する事によって利益を増やす

だましを想定しているとしていないではかなり違いがでてきます。

セオリー通りだから大丈夫と過信せず、もしかしたらだましが起こるかもしれないと考えておきましょう。

早期判断力が必要となって来ますが、焦って決断を下すと損失に繋がります。

焦ると無駄な損切りが増えてしまいますので、焦らず相場を判断しましょう。

だましに負けないために初心者もテクニカル分析を覚えよう

初心者投資家もテクニカル分析を覚える事によって成長します。

ビギナーズラックで儲けている人もいますが、長く続きません。

過信しているとあっという間に強制ロスカットに追い込まれてしまいます。

テクニカル分析は難しそうに見えますが、簡単なものもあります。

数種類のテクニカル分析しか使用していない玄人もいます。

簡単なものから学んで利益を多く生み出しましょう。

ライン分析をしてみましょう

水平線を使用して分析するやり方があります。

多くのトレーダーが行っている方法で、理解すると利益が大幅にアップします。

ライン分析を勉強すれば、勘で取引する事が無くなります。

ギャンブル性も低くなって来るので初心者におすすめです。

どのテクニカル分析を覚えればいいか迷っている人は、ライン分析から行いましょう。

相場で水平線を使用する

チャートを見て水平線を2つ引きます。

2つの水平線によって次の動きを予想する事が出来ます。

この2つのライン引きが多くの投資家と合致した時、効力を発揮できます。

レジスタンスラインとサポートラインを引く

レジスタンスラインとサポートラインを相場に引きます。

レジスタンスラインとは高値になっているラインでサポートラインはその逆です。

これを引く事によって大方の取引予想をする事ができます。

反転回数が多いほど2つのラインは重要度が高く、一番重要だと思うラインでトレードして下さい。

水平線を超えて上昇トレンドが発生した際、エントリーしましょう。

上昇トレンドが発生した時にだましの可能性も出てきます。

早めにエントリーする事も大事ですが、だましもケアしましょう。

だましは誰でも引っかかる!引っかかった後が重要

だましは誰でも引っかかる可能性があります。絶対に安心という取引はありません。

セオリー通りに沿っていてもだましの事を考えて動きましょう。

一流投資家でも引っかかるものなので、充分対策しても回避できない場合があります。

回避できなくても損失を最小限に抑える事が大切です。

大きく利益を生み出したくて損切りのタイミングを逃す事だけはやめましょう。

気を付ける意識の違いで利益の差が出てくる

だましの事を考えて動くと勝率も変わって来ます。

だましをケアする事によって稼ぎをアップした人もいます。

短期取引で完全に回避する事は難しいですが、極力だましを想定して取引をおこないましょう。

だましを克服する事によって、無駄な損切りや早すぎるエントリーが少なくなります。

損失も最小限に抑える事ができるのでだましを無視せずケアしましょう。

取引内容をノートでまとめよう

毎回取引した内容をまとめると、今後の投資に役立ちます。

どういう考えで取引したのか書くことによって今後の取引に繋げられます。

勘で取引してしまったり、内容を書き留めず取引してしまったりすると勝率も下がります。

取引の仕方を分析して次の取引に役立てましょう。

最初の内は勘で動く事もありますが、勉強していくと根拠のある動きができます。

日々の積み重ねが大きな利益となって返って来ます。面倒くさがらず、毎回ノートでまとめてみましょう。

自分で相場を分析していく事が大事

他の投資者からの情報も大事ですが、自分で分析していく事も大事です。

自分で分析する事によって、早期判断力も身につきます。

色んな投資者の考えも大事ですが、自分の投資方法を見出していきましょう。

自分のやり方で損失を多く出してしまった時は、何故損失が生まれたのか考える事が大事です。

自分の方法はダメだからと他人任せになってはいけません。

損失理由を考える事は次の投資で利益を生み出す事に繋がります。

だましで苦戦している人は多くいます。だましに振り回されないようにチャートのデータを取りましょう。

だましを克服すると投資方法が慎重になる

だましの事も考えて投資すると、動きがより慎重になります。

慎重になるという事は腰を重くする事ではありません。

慎重に相場を見極める事によって利益を増せます。

安易な考えで投資する事が無くなります。

次の段階に踏み込めない人は、まずだましを克服していきましょう。

関連記事