カテゴリー
税金

スワップポイントにかかる税金の仕組みや確定申告を徹底解説!初心者でもできるスワップポイントの節税方法も紹介

FXトレードでの税金はややこしくて難しいというトレーダーが多数います。

初心者上級者関係なくFXの確定申告は重要事項です。

収益によって確定申告が必要のないトレーダーも居ますが、マイナス益担っている人も確定申告すると節税できるので、必ず確認しましょう。

今回はスワップポイントの税金について徹底解説します。

スワップポイントは通貨ペアの間でできる金利差で、ポジションを保有していると毎日付与されていきます。

スワップ運用している人は、確定申告に係る問題になっているので必見です。

スワップポイントに関する税金問題を知りたいという人は参考にしてください。

FXの税金の計算方法!いくらから確定申告が必要?

このページのもくじ

スワップポイントは課税対象?確定申告は必要?FXで稼いだ金額によって異なる

まずFXでの税金対象を説明します。

FXでの税金対象
  • 為替差益
  • スワップポイント

為替差益というのは、レート変動幅で得た収益のことで利益を得ているトレーダー全員に関わってきます。

上記の表示を見て分かるようにスワップポイントは課税対象となっています。

ただし、FX会社のスワップポイントの付与方法によってかかる税金が異なるので注意しましょう。

収入のある人は利益20万円以上で確定申告が必要

給与所得のある人は、FXでの利益が20万円以上かかると確定申告が必要になります。

スワップポイント・為替差益の合計金額となるので注意しましょう。

給与所得が年収2000万円超えている人はFXの収益関係なく確定申告を提出する必要があるので気をつけてください。

給与所得者でない場合は利益が38万円以上で確定申告が必要

給与所得者でない専業主婦や学生は利益が38万円以上で確定申告が必要となります。

FXでの利益が38万円以上の場合、扶養家族から外されるので確定申告が必要になっている人は他の手続きも必要になります。

年間で38万円以上稼いだ学生や専業主婦はしっかり他の手続きもおこなってください。

スワップポイントの税金はいくらかかるのか解説

スワップポイントにかかる税金は、通常トレードで得た収益によって異なります。

FXで得る利益の合計から引かれるので、スワップポイントだけでなく為替差益も確認しましょう。

FXでの税金は20.315%引かれることになっています。

2020年現在、復興特別所得税がかかっているので東日本大震災以前より税金が高い状態になっています。

例えばスワップポイントで年間30万円得たトレーダーがいるとします。

為替差益と合計して年間50万円稼いだとして、かかる税金は106500円となります。

収益を得た翌年確定申告を怠るとペナルティーが与えられるので気をつけましょう。

損失通算をしている人でマイナスになる人は税金を支払う必要はない

損失通算といってFXでの収益がマイナスになった年に確定申告をすると3年間はプラス収益がでたとしても損失から差し引いた金額が利益になるのでマイナスのままであれば税金を支払う必要がありません。

損失通算は3年間という期限があるので、注意しましょう。

節税をしたい、収益を減らしたくないという人はマイナス益になった年に確定申告をして損失通算できるようにしておきましょう。

税金を支払わない人もいるが確定申告・納税を怠ると逮捕される可能性がある

FX収益の20.213%を税金として納めなければなりませんが、納税していない人も居ます。

納税を怠って確定申告も無視していると、ペナルティーを受けてしまいます。

FX会社で口座開設する際にマイナンバーカードを提出しているのは、税金と紐付けるためなのでしっかり記録されています。

嘘の書類を提出すると脱税で逮捕される可能性もあるので注意しましょう。

過去に10億稼いで資産を0にしたトレーダーが税金を納められず脱税して捕まったことがあります。

納税は翌年にするので、計画的に利益金額は使いましょう。

FX会社のスワップポイント付与方法によって確定申告が必要か不必要か決まる

スワップポイントはFX会社によって付与するタイミングが違います。

FX会社がスワップポイントを付与しているパターン
  • 毎日付与している
  • ポジション決済時にまとめて付与する

自分の利用しているFX会社がどちらのパターンかわからないという人はお問い合わせをして確認してください。

ポジションを保有している状態でも毎日スワップポイントが付与される場合

ポジションを決済していなくてもスワップポイントが口座残高に付与されるパターンは、ポジション決済する時期をコントロールできるので節税ができます。

ポジションを複数年持ち続けると各年に分散されて課税の対象となるので20万円以下の収めることができれば税金を支払う必要がありません。

例えばポジションを5年間保有して50万円稼いだとします。

為替損益は20万円で合計70万円となり、通常であれば確定申告しなければなりません。

しかし、5年間ポジションを跨いでいたので、70万円が各年に振り分けられます。

上記のことから1年ごとの利益は14万円程度になるので税金がかからなくなります。

税金は決済して収益を得た時点で発生するので、ポジションを保有し続けていると課税対象にはなりません。

しっかり節税できるので、スワップ運用をめざしている人はFX会社のスワップポイント付与パターンを把握しておきましょう。

ポジション決済時にまとめてスワップポイントが付与される場合

ポジション決済時にまとめて付与される場合、決済しないとポイントが証拠金に反映しません。

決済時にまとめてポイントが付与される場合、年間収益が20万円を超えないように部分決済して残りを持ち越すことをおすすめします。

自分の為替差益とスワップポイントの金額を計算して決済しましょう。

スワップポイントの税金対策をしっかりサポートしてくれるFX会社を紹介

特に初心者は初年の確定申告の方法がわからないという人が多数います。

これからカスタマーサポートがしっかりしていてスワップポイントに強いFX会社を紹介します。

スワップポイントもしっかり稼げるFX会社を厳選しているので必見です。

みんなのFXはポジション保有していてもスワップポイントを毎日得られる!カスタマーサポートも充実

みんなのFXは、スワップポイントを毎日付与されるのでポジション保有していてもスワップポイントを得ることができます。

確定申告に関する情報も初心者コンテンツにしっかり記載されているので、安心できます。

初めての確定申告は不安という人は24時間対応のコールセンターで相談に乗ってもらいましょう。

充実したサポートもあるので、初心者におすすめのFX会社です。

みんなのFX(トレイダーズ証券)の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

外為どっとコムは安全24時間サポート!スプレッドも狭いからお得!

外為どっとコム

外為どっとコムはすべての通貨ペアが業界最狭水準で提供されています。

スワップポイントの付与パターンは決済時に付与されるパターンとなっています。

サポート面も充実しているので、税金に関する問題も素早く対処してくれるのでおすすめです。

外為どっとコムの口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

GMOクリック証券は24時間サポートで高いスワップポイントを提供

GMOクリック証券

GMOクリック証券は初心者から上級者まで充実したトレードができるFX会社でスワップ取引もしっかりおこなえます。

GMOクリック証券はスワップポイントを決済時に受け取るパターンとなっています。

24時間サポート体制なので、困った時でも素早く対処してくれます。

取引高8年連続NO.1なので、しっかりとした実績ももっている大手FX会社です。

GMOクリック証券「FXネオ」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

FXはスワップ取引・裁量取引に関わらず利益が20万円超えると税金がかかる

FXはスワップ取引・裁量トレードに関わらず、年間利益が20万円を超えると税金がかかります。

スワップポイントのみに課税されるというわけではないので、為替差益と合計して確定申告が必要か確認しましょう。

確定申告を無視していると、最悪の場合逮捕されます。

脱税や虚実書類を提出するのは犯罪なのでやめましょう。

節税してくれるFX会社もある

節税を手伝ってくれるFX会社もあります。

キャンペーンで節税できるFX会社もあるので、興味のある人は参考にしてください。

自分で節税する方法も多数存在するので、自分の年間収益が20万円を超えるときは節税してなるべく税金がかからないようにしましょう。

損している時に申告するとお得

年間損益がマイナスのトレーダーは確定申告する必要はありませんが、損失通算を利用できるのでおすすめです。

翌年プラスになった場合、前年度のマイナス損益を足すことができるので確定申告が必要ない場合もあります。

税金によって収益がマイナスになってしまうので、削減できるコストはなるべく削減しましょう。

スワップポイントをうまく利用して節税も可能

スワップポイントの付与パターンによって変わりますが、スワップポイントを利用して節税することもできます。

ポジションの保有と決済タイミングが重要なので年間損益を上手く調整しましょう。

毎日スワップポイントが証拠金に付与さているFX会社の方が節税しながら稼げるのでおすすめです。

スワップポイントは稼ぐ金額によって課税対象になる!初心者は為替差益を考えながら取引しよう

スワップポイントは稼ぐ金額によって課税対象になります。

ポジションを保有している状態は課税しないので、決済した時の為替差益も考えながら税金対策しましょう。

節税にこまっているという人は税理士に相談して解決してもらいましょう。

確定申告を怠ると税金滞納者になる

確定申告を怠ると税金滞納者になります。

ペナルティーを受けるだけならマシですが、ペナルティーも無視すると逮捕されます。

利益が大幅にプラスになったというトレーダーは税金で支払う金額を予め計算して、利用できる金額を判断しましょう。

関連記事