カテゴリー
FXとは?

FX取引で使う用語「ポジション」の意味は?初心者でもわかりやすく解説

ポジションとはFXにおける基礎中の基礎なので、ポジションを知らずにトレードで利益を得る事は不可能です。

この記事ではポジションについて基礎から解説し、用語の使い方や注意点などの知識を紹介します

ぜひFXの取り引きを始める前の参考にしてください。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

FX取引でのポジションとは

FXでのエントリーポイントとは

FX取引のポジションとは、取引における持ち高のことです。新規に購入する通貨や売却する通貨がポジションを指します。

新規にポジションを取ることを、「ポジションを建てる」「ポジションを持っている」などと表現します。

買い注文と売り注文どちらもポジションの保有になる理由は、外貨を持っていない状態でも取り引きを始められるからです。

「買い」・「売り」の注文をすること

FX取引でのポジションは注文が確定時に発生します。

例えばレート状況を判断して1Lot買いをいれた場合、ポジションを保有することになります。

一般的には上記のような意味合いを指していますが、○○ポジションというように上部に違う単語がつくことによって意味合いが異なってくることもあります

各ポジションの名称と意味

疑問 とは ?

ポジションは単純にポジション単品で利用することもありますが、ポジションの手前に名前が付いてFX用語として利用することがあります

各ポジションの名称一覧
  • ロングポジション
  • ショートポジション
  • スクエアポジション
  • ネットポジション

ポジションの基礎的な意味合いは同じですが、手前の言葉によって意味合いが真逆になるので間違って覚えないように気をつけましょう

買い注文は「ロングポジション」

FXの買い注文は「ロングポジション」と呼ばれ、購入したポジションを保有し続けている状態のことを指します

ロングポジションの基本戦略は、為替相場が上昇した時に購入したポジションを売却して差額で利益を狙う手法です。

また、下がったときに売却することで損切りを行い損失額の拡大を防ぎます。

ちなみに買い注文がロングポジションと呼ばれるのは、チャートは上昇が緩やかに上がることから長期的の取り引きになる説があります。

売り注文は「ショートポジション」

FXの売り注文は「ショートポジション」です。ロングポジションとは反対に、持っていない通貨を売却して買い戻す前の状態のことです。

相場の状況によってはロングポジションだけで利益を出しにくい場合があるので、二つのポジションを使い分けることで取り引きを有利に進めやすくなるでしょう。

売り注文は買い注文と比べてチャートの下落が激しいことから、ショートポジションと呼ばれている説があります。

両建て注文や保有中のポジションがない場合は「スクエアポジション」

スクエアポジションはロングポジションとショートポジションどちらも保有していない状態です。

英語ではsquareと表記し、本来の意味は「真っ直ぐ」「平方」などの意味で使われます

FXの取引では為替相場が上がるか下がるか予測がつかない状況があるので、市場を様子見したい時はスクウェアポジションで取り引きをしないことも有効な手段です。

スクエアポジションはFXの取り引きおいて頻繁に使用されており、他にはノーポジション(ノーポジ)またはフラットポジションなどの呼び方で使われています。

買い・売り両方ポジションの差し引いた残り部分は「ネットポジション」

ネットポジションとはロングポジションとショートポジションの両方を保有している場合、ポジションの多い方から少ない方を差し引いた額のことです。

2つのポジションを持つ理由は、片方のポジションのみを所有だと損失のリスクが高まるためです。

ポジションを同時の所有することで、どちらか一方の損失が出た場合に補填ができます。

またネットポジションの増減によってトレンド転換が狙えるので、確実に利益を上げるための参考に使われます

FXでポジションメイクする方法

ライン 引く 方法

ポジションメイクは新規にポジションを持つことなので、通貨ペアと数量を決めて注文するだけで実行されます。

ボタン一つで取り引きが始まってしまうので、注文前に入力内容のミスの確認を行いましょう

またFXの取り引きは、短期・長期の取り引きどちらも好きなタイミングで決済が行えるため、ポジションの保有期間に制限はありません。

しかしポジションの長期保有は為替相場の動きに左右されて、大きく損失を出す可能性が高まるので、なるべく数ヶ月以内には決済することをおすすめします。

取引する銘柄と取引数量を選択する

まずは取り引きを行う通貨ペアを選択しましょう。

次に取り引きの数量を決めます。

数量を決める時の注意点は、総資産に対して一定の割合を超えない数値でポジションを持つことです。

FXの取引は取引数量が多すぎると、1回のトレードで失う金額が増えてしまって取り引きを継続しにくくなるためです。

注文を実行するとポジションを保有した状態になる

取引数量を決めて注文を実行すると、ポジションを保有した状態になります。

ポジションを保有した状態のままだと、利益や損失は確定しません。

さポジションの保有には有効期限がないので、決済が行われるまでは含み益や含み損が続きます。

FXのポジションに関する注意点

注意事項

FXはポジションの保有期間に制限がないことで、いつか上がること期待をして待ち続けると損を出す可能性が高まります。

また両建てによる損失の保証を行った場合でも、決済のタイミングを間違えて損失額を増やす人は少なくありません。

ポジションを保有する際は、損切りのルールを決めてから取り引きを行いましょう。

とくに初心者は損切りのタイミングを間違えやすいのでルール設定には注意が必要です。

ポジションの持ちすぎは損失になる場合もある

ポジションの持ちすぎは損失を出しやすく、取り引きにかかる精神的なプレッシャーも高まりやすくなるため注意しましょう。

決済のタイミングを逃したまま放置すると含み損が拡大して、FX会社によって強制ロスカットが実行されてしまいます。

他には売れないポジションを長く持ち続ける「塩漬け」になりやすく、スワップポイントで損失を出す取り引きになりかねません。

ポジションの持ちすぎで決済のタイミングを間違えると損失を出しやすくなるので、あらかじめ損切りのルールを決めて取り引きを行うことを意識しましょう

FXの塩漬けとは?内容と初心者におすすめできない理由

両建てでのポジション保有は初心者におすすめできない

両建ては同じ通貨ペアのショートポジションとロングポジションのの両方を保有するとリスクを抑えられますが、含み損を抱えた取り引きになる可能性が高いです

例えば、含み損のポジションをリカバリーするために両建てを行い、思うように相場が動かずに損失が増えることがあります。

また含み益が出たポジションのみの取り引きを優先して、含み損の出る取り引きから損失を増やす人も少なくありません。

両方のポジションを立てるときは、含み損を考慮して損切りのタイミングを計りながら取り引きを行いましょう。

FXでのポジションは取引で重要な部分を担っているので絶対覚えておこう

FXのポジションは取り引きを行う基本になるので、用語の意味や使われ方などを覚えておく必要があります。

買い注文や売り注文など日本語で覚えるのではなく、ロングやショートなどの専門用語で取り引きが行えるようにしましょう。

とくにFXの初心者にとってポジションは、トレードの取り引き画面や投資の勉強する中で必要不可欠になるため、なるべく最初の段階で覚えておくことをおすすめします。

FXの始め方とは?FX初心者がチェックすべき稼ぎ方・やり方と失敗を防ぐ方法

関連記事