カテゴリー
取引時間

ニューヨーク時間のFX取引は難しい?活用できる手法や為替の変動傾向を解説

FXは世界各国の為替市場がオープンしている間取引できる投資です。

株式投資の様に日本市場がクローズしたら取引できない仕組みでは無く、世界の市場相手に取引するので平日24時間取引できます。

今回はFX取引で最も為替変動が激しいと言われているニューヨーク時間について詳しく解説しています。

FX取引は、どこの市場がオープンしているかによって為替変動の傾向が異なります。

勝率を高める為にも、各市場オープンの時間帯を把握して変動傾向を掴む必要があります。

「ニューヨーク時間でどうやって勝つ?」「FXのニューヨーク時間ってなに?」と疑問を持っている人は必見です。

これからFXを始める初心者も、知っておくべき情報なので参考にしてください。

FXの取引時間の基本知識|世界のマーケットの特徴と時間帯・曜日ごとの取引傾向

FXのニューヨーク時間は22時~翌6時

FXの取引時間と市場オープン時間

FX市場におけるニューヨーク時間は22時~翌7時(夏時間21時~翌6時)までとなっています。

ちなみに米国株式市場は22時30分からオープンします。

ニューヨーク時間は24時間の中で最も為替変動が活発化する時間になっており、トレンド発生しやすいと言われています。

また米国の重要な経済指標が発表されるので、結果によって瞬時に100Pips動くこともあります。

ニューヨーク時間で発表される重要経済指標一覧
  • 米国雇用統計
  • 失業率
  • 小売売上高
  • FOMC声明/議事録
  • フェデラル・ファンド金利(FF金利)
  • 国内生産(GDP)
  • 消費者物価指数(CPI)

経済指標発表時はスプレッドが開く傾向にあり、約定拒否される可能性も高くなるので、取引に参加する人は注意しましょう。

ロンドン時間とニューヨーク時間が被る

FXのニューヨーク時間はロンドン時間と被っています。

ロンドン時間は17時~翌3時(夏時間16時~翌2時)までとなっており、22時~3時までの間は最も取引数量の多い時間帯になります。

ロンドン市場は、取引量が世界1位とも呼ばれている欧州市場なので、ニューヨーク時間で取引する人は、特に22時~3時の間を意識しましょう。

FXのニューヨーク時間の特徴

FXのニューヨーク時間には特徴があります。

オセアニア市場や日本市場と違いトレーダー参加者数が多いのに加え、米国企業や欧州企業も動いているので、広い利益幅を捉えるチャンスになります。

これからニューヨーク時間の特徴を分かりやすく紹介するので「そもそもニューヨーク時間でなにがおきるの?」と疑問を思っている人は、参考にしてください。

トレンドが発生しやすい

FXのニューヨーク時間の大きな特徴として、トレンドが発生&継続しやすい環境にあります。

オセアニア市場や日本市場と違って、値動きが活発になるので東京時間やロンドン時間で形成した相場状況を覆す動きをします。

レンジ相場がロンドン時間まで継続されていて、ニューヨーク時間でレンジブレイクしてトレンド発生するパターンが頻繁に発生するので、日中にエントリーしている人は柔軟に対応する必要があります。

オプションカットに絡む値動きが発生する

FXでのニューヨーク時間は、「オプションカット」に関連する値動きが絡むといわれています。

NYのオプションカットの時間は日本時間24時になっており、24時になる直前まで米ドルに絡む通貨ペアはお方ションカットによって変動するケースが多いです。

NYオプションカットは、あらかじめ定められた期間や期日に定められた価格で買う・売る権利を売買する取引で、多くの大手企業と銀行の攻防戦が繰り広げられます。

オプションカットを具体的に説明すると、1ヶ月後にドル円を110円で110万ドル買う権利を買う感じで、この権利を売る側は主に証券会社や銀行といった金融機関です。

つまり一ヶ月後に米ドル円が110円以上になれば、企業は購入後すぐ売れば利益になるのでなるべく安く買って高く売りたい思惑があります。

一方、証券会社・銀行は企業側の利益になってしまうのでなるべく安い価格で売ろうとします。

オプションカットは上記のような思惑によって為替変動を発生させるので、ニューヨーク時間の24時付近になると設定された価格付近に近づく傾向があります。

NYオプションカットとは?発生する理由と上手く活用して利益を出す方法を初心者でもわかりやすく解説

ロンドンフィキシングの売買動向によって変動する

ニューヨーク時間はロンドン時間とも被っている為、ロンドンフィキシングによる売買動向によって相場が変化するケースもあります。

ロンドンフィキシングは、金の取引価格を決める時間帯で日本時時間1時(夏時間0時)に行われます。

金は大体ドル建てメインで取引されているので、FX市場に影響を与える可能性があります。

金取引の売買傾向によって為替変動も変わってくるので、オプションカット同様、注目する必要があります。

ニューヨーク時間のFX取引が難しいと言われている理由

FX市場で最も値動きが激しくなるニューヨク時間は、取引が難しいと言われています。

値動きが小さい日本市場と比べると、動きがあるので「取引しやすいのでは?」と考える人もいますが、動きが激しくなる分リスクも高くなります。

ニューヨーク時間が難しいと言われている理由を把握して、大失敗しないように注意しましょう。

FX初心者にありがちな怖い失敗とは?よくある失敗談から学ぶ損失リスクを回避する方法

ボラティリティが高い

ニューヨーク市場は世界で2番目に取引量が多く、取引量NO.1のロンドン市場と時間帯が被っている為、ボラティリティが高くなります。

ボラティリティは流動性という意味で、各通貨ペアの変動幅が広くなり大きく稼ぐまたは大きく損失する可能性が高くなります。

ニューヨーク時間とロンドン時間が被っている時間帯はFX取引時間の中でも一番値動きが激しくなる時間帯になっている為「短時間で大損する」危険性があります。

一方で裏を返せば、短時間で大儲けする可能性も秘めているので「大損する可能性がある=難しい」と安易に決めつけるのは辞めましょう。

重要経済指標発表が多く発表される

ニューヨーク時間は米国市場の時間帯なので、重要経済指標が多く発表されます。

雇用統計や失業率などの米国重要経済指標は、注目度が高く発表後に大きく変動する通貨ペアが多数存在します。

米国の経済は世界を代表しているので「米国経済が悪化=世界経済がやばい」という方式が成り立ちます。

よって米国の経済指標発表を受けて取引戦略が大きく変わるケースがあるので、大きな変動に巻き込まれて大失敗してしまう可能性があります。

重要経済指標の発表は予想の数値通りに結果が現れない可能性もあり、ギャンブル性が高い為、初心者は取引前後にエントリーしないことをおすすめします。

ニューヨーク時間で活用できるFX手法

ニューヨーク時間でのFX取引は難しいと言われていますが、ボラティリティが高い分うまく活用できれば大きな利益を獲得することができます。

今回はニューヨーク時間の特徴を捉えて勝率を上げるFX手法を紹介します。

初心者でも今日から実践できる手法があるので参考にしてください。

トレンドフォロー手法

トレンドフォロー手法は、名前の通りトレンドをフォローする手法です。

ニューヨーク時間前の為替相場は、比較的レンジ相場が長く続く状態でトレンド発生する可能性が低いです。

そしてニューヨーク時間は、トレンド発生の確率が高く長時間に渡ってトレンド継続する可能性があります。

トレンドフォロー手法は、ニューヨーク時間で発生したトレンドに順張りで乗っかる手法です。

トレンドフォロー手法

上記は米ドル円のチャート画面で、ニューヨーク時間の動きを起点にトレンド上昇発生したパターンです。

トレンドフォロー型は、このようなトレンド発生でチャネルラインを引いて順張りでエントリーします。

最後下のチャネルラインをブレイクしていますが、ラインブレイクはトレンド終了の示唆になるのでタイミングを見て決済しましょう。

経済指標を利用したスキャルピング手法

米国重要経済指標の発表時は大きな変動が起きやすい場面です。

特に経済指標の予想が大きくプラス・マイナスの場合、100pips単位で動く可能性があります。

予想の数値と大きくズレた結果になる場合も大きく変動するので、経済指標を利用したトレードはリスクが高くなります。

ギャンブル要素も含まれるので、安定重視のプロトレーダーは経済指標を避けます。

逆にスキャルピングトレーダーは、短期的な爆発力を狙ってトレードする人が多く、短期間で大きな利益幅を獲得して利益を増やしています。

経済指標を使ったスキャルピング

実例として2021年6月4日に起きた雇用統計発表による変動を見ましょう。

2021年6月4日雇用統計発表
雇用統計予想結果
非農業部門雇用者数+67.5万人+55.9万人
失業率5.9%5.8%
労働参加率61.8%61.6%
平均時給+0.2%+0.5%
不完全雇用率10.2%

6月4日に発表された雇用統計は、全体的に予想を大きく下回る結果になり大きな下落トレンドが発生しました。

予想通りでは無い雇用統計発表は、通常より大きく変動するケースが多いです。

予想外の結果になるリスクを回避する方法として、両建てトレードがあるので損切設定や約定力の高いFX会社で参入するなどあります。

経済指標を使ったスキャルピングは、運要素も関わるので損失リスク最大限に抑える戦略で挑戦してください。

レンジブレイク手法

レンジブレイク手法は、レンジ相場からトレンド相場に転換するタイミングでエントリーしてトレンドに乗る手法です。

トレンド発生するタイミングでエントリーできる可能性があるので、噛み合えば大きな利益を狙うことができます。

レンジブレイク手法

米ドル円は上記の様にレンジ帯でレートが推移していることが多く、ニューヨーク時間でレンジブレイクする可能性があります。

日本時間やロンドン時間で意識されているレート値に線を引いて、ブレイクポイントでエントリーするとトレンドに上手く乗ることができるので、日中のレンジ幅を意識してエントリーしましょう。

ニューヨーク時間の為替の変動傾向

ニューヨーク時間で通貨ペアが具体的にどのような変動を見せているのか、各通貨ペアの傾向を解説します。

ニューヨーク時間なので、当然米ドルに絡む通貨ペアは変動が大きくなるので、ドルストレートをメインに取引戦略をたてることをおすすめします。

FXの通貨ペアとは?初心者におすすめの通貨ペアの特徴とおすすめできない組み合わせを紹介

米ドル円

米ドル円は、多くの日本トレーダーが利用している通貨ペアで、ニューヨーク時間にボラティリティが高くなります。

他のクロス円通貨ペア「ユーロ円・ポンド円」も日本人トレーダーの流動性の高さによって活発な値動きになるので要チェックしましょう。

米ドル円は日中のレンジ相場からトレンドに発展する特徴をもっているので、日本時間やロンドン時間でのレート推移を把握してニューヨーク時間に合わせて取引することをおすすめします。

【2021年最新】米ドル円の今後の見通しを初心者でも分かりやすく紹介!金利政策の影響や円高に動くのか解説

ユーロドル

ユーロドルは、欧州通貨と米国通貨の組み合わせなのでニューヨク時間の午前中に値動きが活発化します。

ユーロは取引量の多い通貨ペアなので、レンジになりやすい性質をもっていますがレンジ抜けすれば長期トレンドに発展する可能性があります。

またユーロ円とドル円は逆の相関関係になっていることが多く、ドル円が上昇トレンドになっている時にユーロドルはユーロ安になります

ポンドドル

ポンドは元々ボラティリティの高い通貨ペアとして有名で、日本トレーダーから殺人通貨とも呼ばれています。

ポンドドルはニューヨーク時間の午前中に頻繁に取引される通貨ペアで、ポンドの値動きの激しさに加えて米ドル取引の活発化が加わるので、変動次第で大きな利益を狙えます

トレンドがはっきり分かっている状態もあるので、トレンドフォロー手法を活用して利益を狙っていきましょう。

ニューヨーク時間のFX取引は市場が最も活発化する時間

FXでのニューヨーク時間は、FX市場が非常に盛り上がる時間ということがわかりました。

取引量NO.1のロンドン時間と被る為、広い変動幅で利益を狙えます。

大きく稼ぐチャンスのあるニューヨーク時間ですが、同時に損失リスクも大きくなるので損切り設定を明確にきめておきましょう。

関連記事