カテゴリー
FXTF

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)はレバレッジ25倍固定?レバレッジを設定する方法を徹底解説

FXTFはMT4を搭載しているFX会社で、MT4ユーザーから高い人気を得ています。

業界最狭水準のスプレッドやMT4のインディケーターを豊富に無料提供している所が最大の魅力です。

今回は「FXTFの最大レバレッジは?」、「FXTFはレバレッジを設定できる?」と疑問に思っている人に、FXTFのレバレッジについて詳しく解説します。

レバレッジを高くかけて取引する危険性や、証拠金維持率低下によって発生するロスカット条件なども解説するので必見です。

FXTFでこれから取引しようと考えている人は参考にしてください。

FXTF MT4(ゴールデンウェイ・ジャパン)の評判・口コミは?メリット・デメリットや口座開設時の注意点を解説

FXTFのレバレッジは25倍固定

レバレッジとは

FXTFのレバレッジは25倍固定の設定になっています。

レバレッジコースを提供しているFX会社もありますが、FXTFの取引コースは通貨単位別に分けられていてレバレッジは固定になっています。

上記の理由からFXTFでレバレッジを固定して取引したい場合、自分で計算する必要があります。

レバレッジコースはない

FXTFはレバレッジコースを提供していません

レバレッジを抑えて取引したい人は、実効レバレッジを計算して取引する必要があります。

低レバレッジで投資信託のような取引をしたい人は、レバレッジコースを提供しているFX会社をおすすめします。

レバレッジはコースで固定しなくても自分でコントロールすることができるので、FXTFで取引したい人は実効レバレッジの計算方法を覚えましょう。

FXTFでレバレッジをコントロールする方法

FXTFでレバレッジをコントロールする方法を紹介します。

FXはレバレッジを調整する方法が2種類あります。

レバレッジを変える方法
  • 証拠金を増やす
  • 取引数量を変える

レバレッジはFX口座にある資金と取引数量によって変わります。

少額資金の状態で取引数量を増やすとレバレッジは高くなり、取引数量を少なくしたり資金を増やしたりするとレバレッジを低く抑えることができます。

レバレッジの仕組みがよくわからないという人は、まずFXのレバレッジとどのような効果があるのか学びましょう。

取引数量と有効証拠金を調節する

当然の話ですが、有効証拠金を追加したり取引数量を減らしたりすればレバレッジを抑えることができます。

取引数量を増やせば増やす程レバレッジが高くなり、減らせばレバレッジも比例して低くなります。

レート変動によって損益が変わりレバレッジが高くなったり低くなったりしますが、注文開始時のレバレッジには影響ないので、注文する時は取引数量と口座にある資金を見てコントロールしましょう。

FXTFでレバレッジを確認する方法

FXTFでレバレッジを確認するには実効レバレッジを計算する必要があります。

MT4の取引画面には証拠金維持率が表示されますが、レバレッジは表示されません。

実効レバレッジの計算方法がわからない人は、これから紹介する計算方法を覚えておきましょう。

FXのレバレッジとは?その魅力とリスク・注意点を徹底解説

実効レバレッジを計算する

実効レバレッジを計算する方法は以下の通りです。

実効レバレッジを計算する方法
取引している資金÷証拠金=レバレッジ

例えば米ドル円(110円)を20000通貨単位取引するとします。

FX口座に入っている資金が50万円だった場合、220万÷50万=4.4となるのでレバレッジ4.4倍かかっていることがわかります。

投資している実際の金額に対して資金が少なくなればレバレッジは高くなります。

なお上記の例でのレバレッジ25倍状態は、資金を88000円まで減らす必要があります。

逆に資金50万円でレバレッジ25倍状態を考えた場合、取引数量を100000通貨単位まで増やす必要があります。

FXTFでハイレバレッジ取引は可能?

ハイレバレッジ取引はレバレッジを高くかけておこなう取引で、投資効率を上げることができます。

ただし損失リスクも増えるので、常にハイレバレッジ取引をしていると負けてしまいます。

FXTFは最大レバレッジが25倍なので、海外並のハイレバレッジ取引はできません。

国内にはレバレッジ規制があるので、25倍以上レバレッジをかけたいと考えている人は海外FXをおすすめします。

FXTFは国内FX会社だから25倍までしかかけられない

FXTFは国内FX会社なので、レバレッジを25倍までしかかけられません。

国内のFX会社はすべてレバレッジ最大25倍で統一されているので、レバレッジを数百倍かけたハイレバレッジ取引をしたい人は海外FX会社で口座開設する必要があります。

国内でのレバレッジ25倍状態はロスカットになる確率が高くなるので、実際安全にかけられるレバレッジは10倍~15倍程度までと考えておきましょう。

FXTFのレバレッジ25倍取引は危険?証拠金維持率100%以下でロスカット

FXにはロスカットシステムがあり、一定以下の証拠金維持率になれば執行されます。

ロスカットが執行されると保有しているポジションすべて強制決済になります。

損失額が大きく、入金している資金を一気に失うのでロスカットで自主退場する人が多数存在します。

レバレッジ25倍の状態はロスカット発生する直前のラインなので危険です。

これからFXTFのロスカット条件を紹介するので、ロスカットを回避しながら程よいレバレッジをかけて取引することを心がけてください。

FXTFのロスカット基準
  • 証拠金維持率100%以下(証拠金維持率が100%を上回るまでポジションを自動決済)
  • 証拠金維持率判定以外の時間帯は証拠金維持率50%以下

FXTFの証拠金維持率判定は15:30~15:45となっています。

つまり15:30~15:45の間は証拠金維持率100%以下でロスカット発生して、それ以外の時間は証拠金維持率50%以下でロスカットが発生します。

証拠金維持率が100%以下になっている状態は口座残高がマイナスになっている場合が殆どなので場合によっては追証があります。

追証を支払う場合もあるので注意

追証は口座に入金している資金以上に損失が出る場合支払う必要があります。

追証を支払えない場合、FXTFと相談して分割支払いすることも可能です。

自己破産しなければ追証を解消できないトレーダーも居るので注意しましょう。

ハイレバレッジ取引できるおすすめFX会社

国内ではレバレッジ規制があるためハイレバレッジ取引ができないと説明しましたが、FX取引以外の方法でハイレバレッジ取引のような資金効率で取引する方法があります。

今回はハイレバレッジ取引できるおすすめFX会社と、実質レバレッジ25倍以上で取引できる国内FX会社を紹介します。

ハイレバレッジ取引で資金効率を上げたいという人は参考にしてください。

【海外FX会社】XM Trading

XMtradingの使い方

XM Tradingの評価
スプレッド ★★
約定力 ★★★
スワップポイント
速度・安定性 ★★★
情報力 ★★★
サポート対応 ★★★
スマホアプリ ★★★
通貨ペア ★★★★

XM Tradingは海外FX会社で、国内FX会社が搭載している信託保全はありません。

日本語対応しているサポート体制なのである程度信頼できますが、国内FX会社と比べると信用度は低くなります。

XM Tradingは入金額が20万円以下の場合レバレッジを888倍までかけることができます。

20万円超えた場合でも数百倍以上のレバレッジをかけて取引できるので、資金効率を上げられます。

ハイレバレッジ取引をする時にロスカット時の追証が不安要素になりますが、XM Tradingはゼロカットシステムを搭載しているので追証を支払う必要はありません。

借金する可能性ゼロでハイレバレッジ取引できるのでおすすめです。

XM Trading(エックスエム)の使い方は?口座開設・取引ツールのダウンロード方法からログイン・設定・注文決済のやり方まで徹底解説

【国内FX会社】IG証券

IG証券のFX

IG証券の評価
スプレッド ★★★
約定力 ★★★
スワップポイント ★★
速度・安定性 ★★★★
情報力 ★★★★
サポート対応 ★★★★
スマホアプリ ★★★
通貨ペア ★★★★

IG証券はノックアウトオプションを提供しているFX会社です。

国内FX会社なので通常取引でのレバレッジは最大25倍ですが、ノックアウトオプションを利用すると実質レバレッジ1000倍以上かけられます。

ノックアウトオプションはバイナリーオプションの一種で、通常取引とは異なります。

通常のFX取引より少ない証拠金で取引できるので、ハイレバレッジ取引のような効力をもっています。

国内FX会社で海外FX会社並の投資効率を実現しているので、国内FX会社で投資効率を上げたいひとにおすすめです。

IG証券のノックアウトオプションは使いやすい?メリット・デメリットや取引方法を徹底解説

FXTFのレバレッジに関する注意事項

FXTFのレバレッジに関する注意事項をまとめました。

FXTFのレバレッジに関する注意事項
  • ロスカットのリスクを考えよう
  • 取引手法によってレバレッジを抑える必要がある
  • 証拠金維持率を常にチェックしよう

FXTFは他のFX会社と同じでレバレッジを25倍までかけることができます。

レバレッジが25倍かかっている状態は、ロスカットになる危険性があるので注意しましょう。

レバレッジ25倍の取引はロスカットする可能性が高い

レバレッジ25倍の状態は、証拠金維持率100%ギリギリになっているのでロスカットになる可能性が高くなります。

FXTFは時間帯によってロスカット基準が下がりますが、証拠金維持率が回復しないとロスカットが執行されてしまいます。

ロスカットは大損失してしまうので、ロスカットはかならず回避するようにしましょう。

長期トレードはレバレッジを抑えよう

長期トレードはポジションを長期間保有するため、レバレッジを低く抑えて取引しましょう。

レバレッジをかけすぎると予想と違うレート変動が起きた時にロスカットになるリスクが高くなります。

長期トレードを考えている人はレバレッジを5倍程度に抑えて、証拠金維持率を見ながら取引しましょう。

証拠金維持率を高く保とう

証拠金維持率を高く保つとロスカットする可能性が低くなります。

証拠金維持率を低くするとレバレッジを高くすることができますが、資金をすべて損失させる可能性も高くなるので危険です。

特に初心者は取引に慣れていないので、低レバレッジを心がけて取引しましょう。

FXTFはレバレッジ25倍固定のFX会社

FXTFはレバレッジが25倍に固定されているFX会社ということがわかりました。

レバレッジをコントロールするには、有効証拠金と取引数量を調節する必要があります。

レバレッジが20倍以上かかっている状態は、ロスカットする可能性が高くなるので危険です。

投資効率と損失リスクを考えて取引しましょう。

関連記事