カテゴリー
GMOクリック証券

GMOクリック証券「FXネオ」でレバレッジを調整・設定する方法!倍率のかけ方を分かりやすく解説

GMOクリック証券に限らず、FXはレバレッジをどう活用してリスクを減らし、利益を増すかがキーとなります。

レバレッジは最大25倍までかけることができ、少ない資金で高額の利益を得ることが可能です。

GMOクリック証券のレバレッジの仕組みは非常にオーソドックスですが、初心者にとっては少し難しいので注意しましょう。

今回は、GMOクリック証券のレバレッジについて詳しく解説していきます。

FX取引でレバレッジが重要な理由

FXの魅力は何かと聞かれたら、多くの方は少額で高額利益を狙える点を挙げるかと思います。

この仕組みを可能にしているのが、レバレッジというサービスです。

レバレッジは最大25倍までかけられますが、1万円の証拠金に最大のレバレッジをかければ、実質25万円分の取引が可能になるという仕組みです。

この仕組みを上手く使って、億万長者になった方も多数いらっしゃいます。

レバレッジが敬遠される理由

レバレッジはFXのキーであるとともに、トレーダーにとっては恐れるべきリスクでもあります。

その理由は、レバレッジをかけることで利益もリスクも大きくなるためです。

例えばドル円取引で値下げが起こった場合、レバレッジをかけた分だけ損失は大きくなります。

チャートはすでに変動しているため、狙いと逆の方向に動いた時のリスクも考えると、レバレッジのかけすぎはおすすめできないのです。

レバレッジをかけるとロスカットのリスクが高まる

レバレッジをかけすぎる最大のリスクが、ロスカットを受けやすくなることです。

ロスカットとは強制決済のことで、証拠金維持率が一定水準を下回った場合、これ以上取引をすることはできないと見なされて損失が確定した後にマーケットから退場させられてしまう状態です。

レバレッジをかけると少しの変動で大きな損失を受けてしまうので、口座にお金をいれておかないとロスカットのリスクへ常にさらされる状態となります。

高いレバレッジをかけるほど口座に大きなお金を入れなければいけません。レバレッジは無一文から一攫千金を得る仕組みでは決してないので注意しましょう。

GMOクリック証券「FXネオ」のレバレッジは数値で設定する訳ではない

GMOクリック証券のレバレッジは、設定画面に数値を記入して設定・変更できる訳ではありません。

レバレッジは自己資金(口座に入っているお金)の額によって調整するものだと考えておきましょう。

自己資金 実質レバレッジ
100万円 1倍
50万円 2倍
25万円 4倍
10万円 10倍
4万円 25倍

1万通貨単位から取引可能なGMOクリック証券で最低4万円から取引可能ということは、言い換えればこの場合、勝手に25倍のレバレッジがかかってしまうということでもあります。

この点を知っておかないと、値動き時に自分が想定していないリスクが発生する可能性もあります。十分注意しましょう。

GMOクリック証券「FXネオ」の取引ではレバレッジをどう使いこなすかが重要

FXの初心者は、レバレッジをロスカットのリスクを上げる危険なものと認識しているケースも多々あります。

しかし、レバレッジをかけなければ一定以上の利益を得ることはできません。

レバレッジをかけすぎるとリスクは高まりますが、全くかけなくてもFXをする意味が失われてしまいます。

GMOクリック証券を始めて利用する方は、最初にレバレッジをかけずに取引をしてトレーニングするケースも多いです。

ただ、それならリスク0のデモ取引で練習した方が良いですし、レバレッジをかけずに取引をしても、いざかけた時の緊張感・精神的な負担を味わうことはできません。

初心者のうちも、5倍前後のレバレッジをかけて取引することをおすすめします

関連記事