カテゴリー
GMOクリック証券

GMOクリック証券「FXネオ」はスキャルピング禁止?口座凍結する可能性はあるのか解説

GMOクリック証券「FXネオ」は8年連続取引高NO.1のFX会社です。

初心者トレーダーから上級トレーダーまで利用している大手FX会社でFXサービス内容は業界最高水準です。

今回はGMOクリック証券「FXネオ」でスキャルピングは可能か解説していきます。

スキャルピングはFX会社によって対応が異なり、禁止しているFX会社でスキャルピングをおこなうと口座凍結してしまいます。

スキャルピングを考えている人はスキャルピングを認めているFX会社で口座開設しましょう。

GMOクリック証券「FXネオ」でスキャルピングを考えている人参考にしてください。

GMOクリック証券「FXネオ」の口コミ・評判!メリット・デメリットと口座開設時の注意点を徹底解説

このページのもくじ

GMOクリック証券「FXネオ」でスキャルピングはできる!

GMOクリック証券スキャルピング可能

GMOクリック証券「FXネオ」はスキャルピング可能なFX会社です。

ネットではスキャルピングで口座凍結されたというトレーダーもいますが、GMOクリック証券側はスキャルピングで口座凍結した事例は無いとしています。

スキャルピングでも、1分以内に何回も取引を完結させる取引は口座凍結の原因となるので注意しましょう。

1分以内に取引する行為は手動でできるトレード方法でない場合があるので、ツールを利用していると思われることもあります。

違法ツールを使っての取引はNG

取引を手動でやるのではなく、ツールを利用して高速取引するのは禁止行為です。

あくまで手動でスキャルピングする行為なので、ツールを使って高速取引するのは控えましょう。

違法ツールなどを販売している業者もありますが、口座凍結の原因となるので手動取引でスキャルピングをおこなってください。

GMOクリック証券「FXネオ」はスキャルピングで口座凍結しないが別の理由で利用停止する

口座凍結の可能性

GMOクリック証券はスキャルピングで口座凍結することはありません。

しかし、スキャルピング以外の行為で口座凍結する可能性はあります。

FX取引内での違法行為は即口座凍結となるので、注意してください。

普通にトレードをしていれば口座凍結される心配はありません。

口座凍結の詳細はGMOクリック証券側が開示していない

もしGMOクリック証券で口座凍結しても、原因を開示してくれません。

原因を開示してくれないのでスキャルピングで口座凍結してしまったと思い込むトレーダーもいますが、GMOクリック証券は否定しています。

口座凍結してしますとGMOクリック証券で取引することができなくなるので、他のFX会社で口座開設する必要があります。

GMOクリック証券「FXネオ」は1日5000万通貨までとりひきできる!

GMOクリック証券は1日5000万通貨取引可能です。

最大取引数量がかなり大きいので、スキャルピングを何度もやっても超える可能性が低いです。

コースによって1回ごとの最大取引数量が異なる

GMOクリック証券では通常モードとExモードが搭載されており、1注文あたりの最大取引数量が異なります。

<通常モード>
新規・決済取引1注文=100万通貨
<Exモード>
新規・決済取引1注文500万通貨

1回の最大取引数量がかなり大きいので、取引数量を大きくしてスキャルピングしても問題ありません。

さらにGMOクリック証券「FXネオ」は1度に保有できる通貨ペア量が4000万通貨となっているので、スキャルピング以外のトレーダーも満足できる環境となっています。

スキャルピングトレーダーにとっておすすめの環境

GMOクリック証券「FXネオ」はスキャルピング禁止どころかスキャルピングトレーダーにとって適した環境を提供しています。

ただし、システムに大きな負荷を与えるタイミングで秒単位の取引を何度も繰り返していると口座凍結する恐れがあるので注意しましょう。

GMOクリック証券でスキャルピングする3つのメリット

スキャルのメリット

GMOクリック証券「FXネオ」でスキャルピングする3つのメリットは以下の通りです。

GMOクリック証券でスキャルピングする3つのメリット
  • GMOクリック証券が提供するスプレッドは業界最狭水準
  • スプレッドが拡がりにくいからどの時間帯でも取引チャンスがある
  • スキャルピングに対応できる取引ツールを搭載

他のFX会社でもスキャルピングを公認していますが、GMOクリック証券のサービス内容は業界トップクラスなのでおすすめです。

GMOクリック証券「FXネオ」が提供するスプレッドは業界最狭水準

GMOクリック証券「FXネオ」が提供しているスプレッドは業界最狭水準となっています。

GMOクリック証券「FXネオ」はスプレッドを常に業界最狭水準になっており、スプレッド幅を率先して狭く設定しているFX会社なのでスキャルピングに最適のFX会社です。

主要通貨ペアの米ドル円のスプレッドは0.2銭となっています。

スキャルピングの収益に関わってくる取引コストをしっかり抑えられるので、スキャルピングに適したFX会社です。

スプレッドが拡がりにくいからどの時間帯でも取引チャンスがある

GMOクリック証券「FXネオ」は他のFX会社と比べてスプレッドが広がりにくく、どの時間帯でもスキャルピングするタイミングがあります。

稼げるチャンスが広がるので有利になります。

ただし、トレーダー参加者の少ない時間帯や重要経済指標発表時はどのFX会社もスプレッドが広がるので注意しましょう。

スキャルピングを目的にしている人はなるべく上記にかかれている時間帯での取引は控えましょう。

スキャルピングに対応できる取引ツールを搭載

GMOクリック証券の取引ツールは安定感があるので、スキャルピングに向いています。

レート更新が止まったり、スリッページが頻繁に起きたりすることがないのでスキャルピングに向いています。

レート変動がカクカクしてしまうツールでスキャルピングをおこなうと、予想外の場所にエントリーしてしまうことがあるので、GMOクリック証券「FXネオ」の安定した取引ツールを利用してスムーズに取引をすすめましょう。

なぜ多くのFX会社がスキャルピングを禁止しているのか解説

禁止の理由

そもそもなぜ多くのFX会社がスキャルピングを禁止しているのか、理由を解説します。

FX会社はトレーダー達のポジションをカバーしており、トレーダーが取ったポジションの売り買いの不釣り合いが大きく起こるとFX会社が反対ポジションを取ってリスクヘッジしています

大量のスキャルピングトレードをおこうと上記でしているカバー取引が追いつかなくなり、FX会社が損失してしまう可能性がでてきます。

FX会社を守る為にもスキャルピングを禁止している場合があります。

FX業者が損失してしまう恐れがあるから

上記でも説明しましたが、ガバー取引でも追いつかなくなるとFX会社が損失してしまいます。

損失が連続するとFX会社を存続することが厳しくなるので禁止しています。

FX会社が損してしまうこといがいにもスキャルピングを禁止する理由はありますが、FX会社が損失することが1番の原因です。

FX会社のサーバーが対応しきれないから

FX会社のデメリットだけでなく、スキャルピングによってサーバーが対応できず約定力が大きく下回ってしまうことがあります。

他のトレーダーにも迷惑を掛けてしまう恐れがあるので、スキャルピングを禁止しています。

GMOクリック証券「FXネオ」のように強いサーバーを持っていたり取引ツールがしっかりしていたりしないとスキャルピングは厳しいでしょう。

GMOクリック証券「FXネオ」のスキャルピングに関する注意事項

GMOクリック証券「FXネオ」のスキャルピングに関する注意事項をまとめました。

GMOクリック証券のスキャルピングに関する注意事項
  • 手動取引以外の高速取引は口座凍結するので注意
  • スキャルピングでありがちな大損失トレードに注意
  • ネット回線や取引する媒体を万全にしておこう

GMOクリック証券「FXネオ」の取引ツールがスキャルピングに適していても、ネット回線が悪かったり使っている媒体が古いものだったりすると取引に支障がでてしまいます。

スキャルピングはスピードとタイミングが需要なので、自分でもできる限り万全な環境をつくりましょう。

手動取引以外の高速取引は口座凍結するので注意

手動取引以外の高速取引は口座凍結する可能性が高いので注意しましょう。

1分以内の取引を何度もやる行為は、サーバーの負担にもなるので控えて下さい。

ツールを利用して手動でない取引をするのも違反なので気をつけましょう。

スキャルピングでありがちな大損失トレードに注意

スキャルピングは小さい利益をコツコツ貯めて稼いでいくスタイルですが、大きな損失で一気に全て失ってしまう恐れがあります。

コツコツドカンにならないように、損切りルールはしっかり確立しておきましょう。

ネット回線や取引する媒体を万全にしておこう

ネット回線や媒体は非常に重要で、取引ツールが高性能でも取引環境が劣悪だと環境によって損失トレードを引き起こしてしまいます。

損失トレードを減らすためにも取引する環境は万全にしておきましょう。

どうしてもネットが遅いと感じる人は、ネット回線を変えましょう。

GMOクリック証券「FXネオ」はスキャルピングできるFX会社!

GMOクリック証券はスキャルピングできるFX会社ということがわかりました。

スキャルピングできるといっても1分以内に何度も取引する行為は口座凍結の危険性があります。

スキャルピングに関してどうしても不安な人は、お問い合わせで確認しましょう。

GMOクリック証券のサービス内容は、スキャルピング以外でも充分利用できるサービスとなっています。

スキャルピング以外のトレード手法もやりたい人は、積極的に試してみましょう。

GMOクリック証券「FXネオ」はスキャルピング向けのテクニカル指標を搭載

GMOクリック証券ではスキャルピング向きのテクニカル指標を搭載しています。

スキャルピング以外にも適しているテクニカル指標を豊富に搭載しているので、しっかり分析したい人におすすめです。

FXのスキャルピングとは?手法の特徴・勝つコツと注意点を分かりやすく解説

関連記事