カテゴリー
インヴァスト証券

インヴァスト証券のトライオートFX・シストレ24・FX24のレバレッジ確認方法や設定・変更方法・それぞれの違いを解説

インヴァスト証券は自動売買が有名のFX会社で、様々なFXサービスを提供しています。

裁量トレード用に提供しているFXサービスもあるので、柔軟にFXで資金運用することができます。

今回はインヴァスト証券が提供しているFXサービスのレバレッジ確認方法を解説します。

トライオートFX・シストレ24・FX24の各レバレッジ設定を細かく解説するので、自分がどのサービスで口座開設しているか確認しておきましょう。

インヴァスト証券で取引を開始しようと考えている人は参考にしてください。

このページのもくじ

インヴァスト証券はトライオートFX・シストレ24・FX24のサービスを提供

インヴァスト証券はトライオートFX・シストレ24・FX24のFXサービスを提供しています。

インヴァスト証券は上記で説明したFXサービス以外にくりっく365も提供していますが、くりっく365はインヴァスト証券が独自に提供しているFXサービスではありません。

くりっく365は他のFX会社でも利用することが可能なサービスなので、今回はくりっく365を除いたFXサービスのレバレッジ設定を解説します。

各FXサービスによってレバレッジ設定が異なる

インヴァスト証券は各FXサービスによってレバレッジ設定が異なります。

取引方法も各FXサービスによって異なるので、特徴を抑えてレバレッジ設定を理解しましょう。

自動売買・裁量トレードの取引を両立したい人は、レバレッジを細かく把握して取引する必要があります。

レバレッジに関係してくるロスカット・スプレッドも各FXサービスによって変わることもあるので注意しましょう。

トライオートFX・シストレ24はレバレッジ設定不可能

トライオートFX

インヴァスト証券が提供しているトライオートFX・シストレ24はレバレッジ設定をすることができません。

レバレッジ設定不可能な場合、実効レバレッジを自分で管理する必要があります。

自分の資金と必要証拠金を計算して、レバレッジを自分で調整しましょう。

自分で実効レバレッジを調整する必要がある

トライオートFX・シストレ24はレバレッジが自動でかかる設定になっているので、自分でレバレッジを調整する必要があります。

インヴァスト証券の個人口座は最大25倍かけることが可能なので、トライオートFX・シストレ24での最大レバレッジは25倍となっています。

取引する通貨ペアのレートによって必要証拠金は変化するので、随時確認して注文しましょう。

自動売買システムを利用する人は、必要証拠金よりも多い資金を入金してはじめましょう。

実効レバレッジを確認する方法

実効レバレッジは入金金額と取引数量で確認することができます。

実効レバレッジ計算方法
  • 取引数量÷入金資金=レバレッジ(倍率)

入金資金が多いとレバレッジを低くすることができます。

実効レバレッジを計算する例
  • 米ドル/円=100円
  • 取引を30000通貨単位したいとします。
  • 口座に40万円入金している状態で取引を開始します。
  • 300万円÷40万円=7.5倍
  • レバレッジが7.5倍掛かっている状態で取引開始したことがわかります。

特に裁量トレードをしている人は、実効レバレッジを常に把握してハイレバレッジ状態にならないように気をつけましょう。

自動売買・裁量トレードによってリスク管理方法が異なる

自動売買・裁量トレードによってリスク管理方法が変わってきます。

自動売買はエントリータイミング・決済タイミングを自動的にやってくれるので、自動売買に必要な資金より余分に入金しておけばレバレッジを抑えた取引が可能になります。

裁量トレードはすべて自分で操作することができるので、必要証拠金と取引数量を調整してレバレッジを抑えましょう。

自動売買システムを利用している人は完全放置するのではなく、自動で保有しているポジションのレバレッジ状況を把握しておきましょう。

「FX24」はコースによってレバレッジを設定可能!

FX24

「FX24」は口座開設時にレバレッジコースを選択することができます。

「FX24」のレバレッジコースは以下の通りです。

「FX24」のレバレッジコース
  • 25倍コース
  • 10倍コース
  • 5倍コース
  • 3倍コース
  • 1倍コース

レバレッジコースによってロスカットルールが変更されることはありません。

レバレッジ1倍の場合、FXの特徴を上手く活かせない可能性があります。

投資効率をあげたい人はレバレッジコースを25倍にしておきましょう。

「FX24」のレバレッジコースを紹介

「FX24」のレバレッジコースは全部で5種類あります。

低レバレッジコースの1倍・3倍・5倍を選ぶ人は口座に高額入金しないと充分な収益を得ることができません。

FXでお小遣い程度に稼ぎたい人は低レバレッジコースでも構いませんが、しっかり稼ぎたい人はレバレッジを柔軟に対応できる25倍コースがおすすめです。

レバレッジを低く設定してしまうと、損失を小さくすることができますが損益幅も小さくなってしまいます。

初心者でもレバレッジ25倍コースをおすすめ

FX初心者の人は、低レバレッジコースで安全に取引しましょうと言う意見もありますが、低レバレッジだと投資効率が良くないのでレバレッジ25倍コースをおすすめします。

長期取引している人は低レバレッジコースでも上手く運用することが可能ですが、短期取引をメインにしたい人はハイレバ取引に慣れる必要があります。

ハイレバレッジ状態の取引はリスクが高くなりますが、大きな収益を得るチャンスでもあります。

相場状況をしっかり把握して、効率の良い取引をおこないましょう。

レバレッジコースがある「FX24」と自分で調整する必要があるトライオートFX・シストレ24の違い

レバレッジコースがあるのと無いのでは何が違うのか分からない人は、以下の表を見てください。

レバレッジコースがある場合とない場合の違い
レバレッジコースがある レバレッジコースがない
リスク管理 レバレッジコースで管理可能 自分で管理する必要あり
収益率 レバレッジコースによって調整可能 最大レバレッジ取引で大きく稼げる可能性あり
ロスカット 低レバレッジコースだとロスカットになりにくい 証拠金維持率を管理していないとすぐロスカットになる

レバレッジコースの場合はコースに設定でリスク管理することが可能です。

自動にレバレッジを設定される場合、投資効率を上げたFX取引が可能ですがリスク管理を
自分でおこなう必要があります。

リスク管理をしっかりおこなえる人はコース設定でリスク管理をする必要がないのでレバ
レッジ25倍コースを選択するか自動でレバレッジを設定されるFXサービスを選びましょ
う。

「FX24」はコース選択で損失リスクを管理することができる

「FX24」はレバレッジコース選択で損失リスクを管理することができます。

あまり取引を頻繁にしない人は、低レバレッジを自動的に維持してくれる低レバレッジコースをおすすめします。

短期取引で収益をあげたいひとは、レバレッジコースを25倍に設定して自由に取引出来るようにしましょう。

レバレッジコースによって少額資金運用ができない可能性がある

「FX24」のレバレッジコースによって少額資金運用ができないコースがあります。

レバレッジ1倍・3倍・5倍コースの場合、10000通貨単位(通貨ペア米ドル/円)で1Lot取引しようとすると資金が約20万円~100万円必要です。

1Lot取引のみだと収益を得られても数百円程度なのでFXでしっかり稼ぐことができません。

少額資金の人は低レバレッジコースではなく24倍レバレッジコースで取引しましょう。

自分でレバレッジを調整する方が自由に取引できる

自分でレバレッジを調整するFXサービスの方が自由に取引できます。

相場状況によってレバレッジを柔軟に変更することができるので、投資効率をあげた取引が可能です。

レバレッジコースがある「FX24」もレバレッジ25倍コースを選択すると投資効率をあげることができます。

インヴァスト証券のロスカットルールについて!証拠金維持率によってアラート発生

ロスカットはレバレッジの変動と大きく関係していて、ロスカットになるとトレーダーは大損失してしまします。

ロスカットは強制決済するシステムで、自分がもっているポジションすべて強制決済されます。

ハイレバレッジ状態の時程ロスカットされる可能性が高くなるので注意しましょう。

FXで強制ロスカットされても借金が発生する!どんなトレーダーにも潜む借金の可能性

証拠金維持率100%以下でロスカット

インヴァスト証券のロスカット条件は、証拠金維持率100%以下となっています。

証拠金維持率はレート変動によって変化するので、有効証拠金に余裕を持たせた状態で取引することをおすすめします。

インヴァスト証券はロスカットの前にアラートを通知する

インヴァスト証券はロスカット前にアラートを通知します。

アラートが通知された時点で問題を対処するとロスカットを回避することができます。

インヴァスト証券のロスカットアラートは2回通知されます。

ロスカットアラートの条件
  • 証拠金維持率150%以下で1回目の通知
  • 証拠金維持率120%以下で2回目の通知

2回目の通知はかなり危険な状態となっているので早めに対処しておきましょう。

ロスカットを回避する方法として、損切り・口座金額を増やす方法があります。

相場状況によってロスカット回避する方法を決めましょう。

インヴァスト証券のロスカット判定時間

インヴァスト証券のロスカット判定間隔は証拠金維持率によって変化します。

インヴァスト証券のロスカット判定時間
証拠金維持率 ロスカット判定間隔
200%以上 約5分
200%以下 約1分

インヴァスト証券は証拠金維持率を随時判定しているので、アラートが通知された時点で対処しないと即ロスカットになります。

証拠金維持率を調整してロスカットを回避しよう

ロスカットは証拠金維持率を調整することによってロスカットを回避できます。

スキャルピングなどの短期取引の場合、証拠金維持率が低くても素早く損切りすれば問題ありませんが、長期取引の場合証拠金維持率が著しく低下すると大損失する可能性があります。

長期取引は常に証拠金維持率を把握して、決済タイミングを判断しましょう。

インヴァスト証券のスプレッドは変動性!「トライオートFX」のみ原則固定スプレットあり

インヴァスト証券のスプレッドは変動性となっています。

「トライオートFX」のみ原則固定スプレッドが設定されています。

スプレッド変動によって証拠金維持率・レバレッジが変化するので、スプレッド幅が広い時の取引は注意しましょう。

スプレッドの変動で証拠金維持率・レバレッジが変化

スプレッドの変動で売買レートの差が変化するので、当然証拠金維持率・レバレッジも変化します。

スプレッドが大きくひらいてしまうことによって最悪の場合ロスカットになることもあります。

相場変動に充分注意して取引しましょう。

「トライオートFX」原則固定スプレッド時間について

「トライオートFX」は原則固定スプレッドを提供しています。

「トライオートFX」の原則固定スプレッド時間
  • 午前9:00~翌午前5:00

原則固定スプレッドの時間帯は、スプレッドが固定されているので安定した取引をすることができます。

スプレッドが変動してもハイレバレッジにならないように設定しよう

スプレッドが変動型のFXサービスを利用している人は、スプレッド幅がひろがってもハイレバレッジにならないような状態で取引しましょう。

災害・経済状況の急変によってスプレッド幅が大きく開く可能性があります。

取引している通貨ペアに関連する国の情報を常に把握しておくとロスカットになるリスクを管理することができます。

インヴァスト証券はレバレッジコースを設定できるFXサービスを提供!ロスカットに注意して取引しよう

インヴァスト証券はレバレッジコースを設定できる「FX24」とレバレッジ自動設定のトライオートFX・シストレ24があることがわかりました。

レバレッジコースを選べるサービスは長期取引向きとなっており、低リスクを自動的に管理してほしいという人に向いています。

自動でレバレッジを設定されるサービスは取引効率をあげることが可能なので、FX取引でしっかり稼ぎたい人に向いています。

ロスカットルールは共通している

ロスカットルールはどのFXサービスも共通しているので、注意して取引しましょう。

証拠金維持率の低いハイレバレッジ取引をする際には、損切りを必ずいつでもできるようにしておきましょう。

有効証拠金と取引数量でレバレッジを調整

実効レバレッジは有効証拠金と取引数量でレバレッジを調整することが可能です。

どれくらいの収益を得たいのか決めてから取引数量と資金を調整しましょう。

ハイレバレッジ状態の取引は収益を大きくするチャンスでもあります。

チャート分析をしっかりおこなって勝てる可能性が高い時に利用しましょう。

FXのレバレッジとは?その魅力とリスク・注意点を徹底解説

各FXサービスの取引ルールを確認して取引を開始しよう

各FXサービスによって取引ルールが異なります。

取引ルールをしっかり理解してから取引を開始しましょう。

レバレッジコースを選ぶ必要がある人は、自分の取引方法を確立してからコース選択しましょう。

関連記事