カテゴリー
セントラル短資FX

セントラル短資FXのレバレッジは25倍設定!設定方法やリスクについて徹底解説

セントラル短資FXはスプレッドが業界最狭水準で、友人に勧めたいFX会社NO1となっています。

スワップポイントも高く、スワップトレーダーからも人気です。

通貨ペアが25種類と豊富なので、色々な通貨ペアで取引したい人に向いているFX会社です。

今回はセントラル短資FXのレバレッジを解説します。

レバレッジはFX取引に重要な役割を担っているので、しっかり理解しておきましょう。

セントラル短資FXで口座開設を考えている人は参考にしてください。

このページのもくじ

セントラル短資FX のレバレッジは最大25倍

セントラル短資FXのレバレッジは最大25倍までとなっています。

国内レバレッジは最大25倍までとなっているので、日本のFX会社は25倍以上のレバレッジを個人口座でかけられないように設定しています。

海外の場合、レバレッジの制限がない国は数百倍かけられるFX会社があります。

リスクも高くなりますが、レバレッジを25倍以上かけたいという人は海外のFX会社で口座開設しましょう。

セントラル短資FXは全通貨ペア対象となっている

セントラル短資FXのレバレッジは全通貨ペア対象となっています。

すべての通貨ペアでレバレッジをかけることができるので、投資効率をあげたい人はレバレッジを調整して取引しましょう。

セントラル短資FXのレバレッジの設定は不可能!実効レバレッジを計算して取引しよう

セントラル短資FXのレバレッジを設定することは不可能です。

レバレッジコース設定等もないので、自分の資金と取引数量を調整してレバレッジをかけなければなりません。

リスク管理を自分でおこなう必要があるので、初心者は注意しましょう。

セントラル短資FX はレバレッジコースがない

セントラル短資FXはレバレッジコースがありません。

低レバレッジコースで、リスクを抑えた取引ができないので自分で計算する必要があります。

レバレッジコースが無くてもレバレッジ1倍で取引することは可能です。

レート変動によって実効レバレッジが変わるので、チャート変動を分析しながら取引しましょう。

各通貨ペアの必要最低証拠金を把握しよう

各通貨ペアの必要最低証拠金がレバレッジ25倍かかっている状態となっています。

セントラル短資FXのレートをみて必要最低証拠金を把握しましょう。

セントラル短資FXの必要最低証拠金(10000通貨単位・1000通貨単位)
通貨ペア 為替レート 必要最低証拠金(10000通貨) 必要最低証拠金(1000通貨)
米ドル/円 106.7円 42400円 4240円
ユーロ/円 120.0 円 48000円 4800円
ポンド/円 132.8円 53120円 5312円
豪ドル/円 73.3円 29320円 2932円
南アフリカランド/円 6.1円 2440円 244円
メキシコペソ/円 4.7 円 1880円 188円

※為替レートは2020年6月23日時点の数値です。

高金利通貨の場合、1000通貨単位の取引が数百円から可能となっています。

必要最低証拠金のみ口座に入金している状態は、ロスカットになる可能性が高くなってしまうので、上記の金額より余分に入金しておきましょう。

ハイレバレッジは強制ロスカットの危険大?

セントラル短資FXのレバレッジは自動的にかかる設定になっています。

ハイレバレッジ状態は証拠金維持率が100%以下になる手前の状態なので、損失リスクが高くなります。

入金して証拠金維持率を上げるか、取引数量を抑えましょう。

セントラル短資FX は強制ロスカット発生前にワーニングメールが来る

セントラル短資FXは強制ロスカットする前にワーニングメールが来ます。

ロスカットを回避する手段をとりましょう。

特に長期取引をしている人は、ロスカットになる可能性が高いので注意してください。

ワーニングメールは証拠金維持率125%以下で通知

ワーニングメールは証拠金維持率125%以下で来ます。

有効証拠金に余裕をもった取引をしておけば125%を切ることはまずありません。

ワーニングメールを受け取った場合、決済して損切りをおこなうか入金して証拠金維持率を安定させましょう。

セントラル短資FX は証拠金維持率100%以下で強制ロスカット

セントラル短資FXは証拠金維持率100%以下で強制ロスカットになります。

レバレッジ25倍かかっている状況だと、1円相場が動くだけでロスカットになってしまう可能性があります。

ワーニングメールを有効活用して、ロスカットされない状態で取引をしましょう。

ロスカット発生の条件を甘くしたい人は他のFX会社がおすすめ

多くのFX会社がセントラル短資FXと同じロスカットルールを提供していますが、ロスカット発生条件を甘く設定できるFX会社もあります。

証拠金維持率が20%でロスカットするFX会社もあるので、自由な取引ルールを求めている人は他のFX会社を選びましょう。

初心者は損失リスクを把握するスキルが無いので、ロスカットが証拠金維持率100%以下で発生するセントラル短資FXをおすすめします。

外為オンラインはコースによってロスカット値を変更できる!

外為オンラインの口座開設方法

外為オンラインはコースによってロスカット値を変更できます。

20%コースを選択すると、ロスカット発生条件を甘くすることができます。

1000通貨単位で取引も可能なので、少額取引も可能です。

外為オンラインのレバレッジ設定方法を紹介!各コースの違いやロスカットルールを徹底解説!

新生銀行FXはレバレッジコースによってロスカット値をコントロール可能

新生銀行FX

新生銀行FXはレバレッジコースによってロスカット値が変わります。

自分の取引ルールと合っているコースを選択しましょう。

レバレッジ25倍のコースを選ぶとロスカット値を証拠金維持率50%~100%に設定することができます。

新生銀行FXの口コミ・評判は?メリット・デメリット・口座開設時の注意点を解説

GMOクリック証券は証拠金維持率50%で強制ロスカット

GMOクリック証券

GMOクリック証券は証拠金維持率50%で強制ロスカットとなります。

セントラル短資FXよりロスカット発生条件を甘くしているので、ハイレバレッジでロスカットになるリスクを低くできます。

GMOクリック証券はスプレッドも業界最狭水準でスキャルピング取引も可能です。

色々な取引方法を試すことができるのでおすすめのFX会社です。

GMOクリック証券でレバレッジを調整・設定する方法!倍率のかけ方を分かりやすく解説

ロスカット値を低く設定するとリスクが高くなる

ロスカット値を低く設定すると、ロスカットされる可能性は低くなりますが損失リスクは高くなります。

ロスカットは自分の資金がマイナスにならないようにする最終手段です。

証拠金維持率20%でロスカットになる場合、入金している以上のマイナスが発生する可能性がでてきます。

最悪の場合、ロスカットが間に合わずFX会社に支払が発生するので充分気を付けて取引しましょう。

リスクを減らしたい人はセントラル短資FX がおすすめ

ロスカット発生で支払いをしなければならない可能性をなくしたい人は、セントラル短資FXで口座開設しましょう。

相場の状況によってはロスカットが間に合わないこともあります。

ロスカットは持っているポジションすべて強制決済されるシステムなので、回避する手段を考えておきましょう。

ワーニングメールが来た時点で対処しよう

ワーニングメールはロスカットを回避する為のシステムです。

セントラル短資FXからワーニングメールが来たら、損切りするか入金してポジションを維持しましょう。

入金して証拠金維持率を上げてもレート変動がマイナスに動き続ける場合は損切りする必要があります。

損切りルールを最初に決めておくと大損失する可能性が低くなります。

うまく損切りができないという人はOCO注文で自動的に損切りする方法でリスク管理しましょう。

セントラル短資FXは必要最低証拠金はレート変動によって変わる

必要最低証拠金はレート変動によって変わります。

有効証拠金に余裕を持っていればロスカットになる可能性は低くなるので、取引数量を調整して取引しましょう。

FX取引をはじめる前に、資金の何%を取引に利用するか決めて破産リスク値を判断しましょう。

有効証拠金に余裕をもって取引するのがベスト

有効証拠金に余裕をもっておけば急なレート変動も対応することができます。

長期取引やスワップ取引をしようと考えている人は、資金を多めに設定するか取引数量を少なくしてレバレッジを抑えた取引をしましょう。

ハイレバレッジはロスカットされる可能性が高くなる

ハイレバレッジはロスカットになる可能性が高くなります。

リスクが高くなりますが、予想通りのレート変動が起きると大きく稼ぐことができます。

チャート状況をみて、ハイレバレッジをかける時は根拠をもって取引しましょう。

初心者は低レバレッジを意識する!セントラル短資FXでリスクを抑えた取引方法

初心者は取引に慣れていないので、低レバレッジの取引をおすすめします。

低レバレッジはロスカット発生率を下げる効果があります。

初心者が大損失してしまう原因はロスカットにあります。

セントラル短資FXは証拠金維持率100%以下でロスカットになるので、証拠金維持率は200%辺りに設定して取引しましょう。

有効証拠金と取引数量で実効レバレッジを計算する

有効証拠金と取引数量で実効レバレッジを計算することができます。

計算しなくても、セントラル短資FXの取引ツールで証拠金状況を確認すれば実効レバレッジを確認できます。

取引する前にレバレッジを確認したい人は、計算して取引しましょう。

セントラル短資FX は公式サイトでレバレッジ計算システムを提供

セントラル短資のレバレッジ計算

セントラル短資FXは公式サイトでレバレッジ計算システムを提供しています。

取引する前にレバレッジを確認したい人は、公式サイトで自分の資金や取引数量を入力して確認しましょう。

セントラル短資FXは初心者に向けたコラムが豊富!

セントラル短資FXは初心者に向けたコラムを豊富に提供しています。

レバレッジがなにかわからない人やロスカットがわからない人はセントラル短資FXの公式サイトで確認しましょう。

テクニカル分析の解説やスワップ取引の稼ぎ方など、初心者をバックアップしてくれる情報が沢山あるので初心者は必見です。

ある程度FX知識がないと稼ぐことができないので、FXに関する知識を得たい人はセントラル短資FXの公式サイトで学びましょう。

レバレッジ最大25倍のセントラル短資FX!ロスカットに注意して取引しよう

セントラル短資FXはレバレッジが自動的にかかるシステムだということがわかりました。

ハイレバレッジはロスカットの危険性があるので注意して取引しましょう。

初心者はなるべく低レバレッジ取引を意識しましょう。

リスクの高い取引をしている時は、相場状況を常に把握できる環境で取引しましょう。

ポジションを放置してしまうと予想外の大損失が起きてしまいます。

ワーニングメールを有効活用しよう

ワーニングメールはロスカットを回避できる優秀なサービスです。

レートの急変でレバレッジが高くなってしまった場合、ワーニングメールでロスカット回避できるので通知が来た時は早めに対処しましょう。

ロスカット値を下げた状態で取引したい人はセントラル短資FX に向いていない

ロスカットを発生する条件を甘くしたい人は、セントラル短資FXに向いていません。

ロスカット値を変更できる、もしくは甘めに設定してあるFX会社を選びましょう。

ロスカット発生条件を緩めると、取引状況を柔軟に対応することができますが大損失した時に資金がマイナスになる恐れがあります。

初心者は証拠金維持率100%でロスカットが発生するFX会社をおすすめします。

レバレッジを数百倍かけたい人は海外のFX会社で口座開設しよう

セントラル短資FXは最大25倍のレバレッジをかけることができます。

10万円の資金を250万円にして取引することができるので、一見充分に見えますが足りないという人もいます。

海外のFX会社はレバレッジを数百倍から数千倍かけることができるFX会社があります。

レバレッジ100倍の場合、10万円で1000万円の資金運用が可能となるので非常に魅力的ですがリスクもあります。

海外FXで数百倍のレバレッジを体験したい人は、リスク管理を徹底して取引しましょう。

国内のFX会社と違い、海外FX会社は日本で保証されていないので注意が必要です。
入金がしっかりおこなわれてなかったり、出金したのに反映されなかったりするのであまりおすすめできません。

関連記事