カテゴリー
FX自動売買

FX自動売買システム(システムトレード)のメリット・デメリットを徹底解説!欠点を補えば副業にも活用できる

FX自動売買システムは、プログラムを利用して機械が自動的で取引をおこなってくれるもので初心者でも簡単に稼げると紹介されているFXサービスです。

システムがすべて取引してくれるので、初心者でもプロ並の取引内容をおこなうことが可能です。

裁量トレードのように取引タイミングを自分で決めることが無いので、精神的な負担も少なくFX取引をすることができます。

今回はFX自動売買システムのメリット・デメリットを紹介します。

メリットが豊富にあるFX自動売買システムですが、使い方を間違えると上手く機能しません。

FX自動売買システムを使って稼ぎたい人は、デメリットをしっかり理解して効率良く利用しましょう。

このページのもくじ

FXの自動売買は2種類!リピート系注文・選択型自動売買

FXの自動売買システムはリピート型注文・選択型自動売買の2種類あります。

それぞれ特徴がありますが、共通している点は自分で取引をおこなう必要がないというところです。

24時間自動で取引してくれるので、寝ている間もシステムが取引してくれます。

リピート系注文はレンジ相場に強い自動売買

リピート系注文は指定されているレート幅で売買を繰り返す自動売買システムで、レンジ相場に強く細かい利益も見逃さずに取引してくれるシステムです。

こまめに注文と決済を繰り返してくれるので、大きく損失することがありません。

損切りも数値を指定しておけば素早くおこなってくれるので裁量トレードのようなストレスがありません。

レンジ相場でリピート系注文を起動させると裁量トレードよりも利益を出してくれる特徴があります。

FXのリピート系自動売買ってどんな取引?リピート系注文のおすすめFX会社を徹底比較

有名トレーダーが作成したストラテジを選択できる!選択型自動売買

選択型自動売買はFX会社が提供しているストラテジを選び、選んだストラテジに従って自動売買を行います。

リピート系注文の場合は、自分でレート幅を設定しますが、選択型は既に用意されているのでレート幅を設定する必要がありません。

大手FX会社等は有名トレーダーが作成したストラテジを用意しているので、FX初心者もプロ並の自動売買システムを利用することができます。

レート幅を指定する必要がないので、FXについて詳しくなくても簡単に始めることができます。

FX自動売買システムのメリットを5つ紹介

上記で説明したFX自動売買システムのメリットを5つ紹介します。

FX自動売買システムのメリット5つ
  • 24時間取引画面に向き合う必要がない
  • システムが自動で取引してくれるから自分で損切りする必要がない
  • FX初心者でもプロトレーダーのような取引ができる
  • チャート分析や経済指標分析が要らない
  • 精神的負担が少ない

自動売買の良い所は、自分が取引しなくても自動で取引してくれるので寝ている間も収益をだしてくれる所です。

裁量トレードでは絶対できないことなので、自動売買システムの最大の強みとなっています。

24時間取引画面に向き合わなくても自動的にトレードしてくれる

FX自動売買システムは24時間自動で取引をおこなってくれるので、自分が他の用事をしている間も取引してくれます。

FXは平日24時間取引可能なので、自分が取引していない間も収益を得るチャンスは生まれています。

自動売買は自分が取引画面を見ていない状況でも利益を出してくれるので非常に便利です。

システムが自動で取引してくれるから自分で損切りする必要が無い

システムがすべて取引ルールにしたがってトレードしているので、自分で損切りする必要がありません。

裁量トレードの場合自分で取引するタイミングを決めてエントリーします。

エントリーするタイミングを間違えると損切りをする必要がありますが、感情的になって損切りをのがしてしまうトレーダーもいます。

損切りを逃すと最悪の場合ロスカットになってしまいます。

自動売買システムでFX取引をしていると、損切りも自動的にしてくれるので損切りを逃して大損失になることがありません。

最初にしっかり設定しておくと、大損失トレードを回避できるので安心して取引ができます。

FX初心者でもプロトレーダーの自動売買アルゴリズムを利用できる

FX初心者で取引に慣れていない人でも、プロトレーダーの自動売買アルゴリズムを利用できるので、プロ並のトレードを自動で取引することができます。

裁量トレードの場合、自分で考える必要がありますがFX自動売買システムの場合機械が勝手に取引タイミングを見つけて取引してくれます。

プロと同じタイミングでエントリーすることができるので、大きい収益を初心者でも狙うことが可能です。

チャート分析や経済指標分析が要らない

裁量トレードは色々な観点からレートを分析する必要があります。

テクニカル指標を利用したテクニカル分析や、経済指標を利用したファンダメンタル分析をしっかりして根拠を持った取引をしないと負けてしまいます。

FX自動売買システムは、裁量トレードのように分析する必要はなく、システムが自動的に取引をしてくれるので自分のトレード能力によって収益率が左右されることはありません。

精神的な負担が少ない

裁量トレードは損切りの決断や、エントリーのタイミングを自分で決めなければ行けないので損失した場合精神的な負担が大きく掛かってしまいます。

1回のトレードで大損失を引き起こしてしまうと、感情的になって資金をすべてうしなってしまうトレーダーもいます。

FX自動売買システムは、上記のような精神的負担は無く機械がすべて取引しているので客観的に取引結果を受け入れることができます。

損切りも機械的におこなっているので、裁量トレードのような大損失する可能性が低くなっています。

FX自動売買システムのデメリットを5つ紹介

上記で説明したメリットを理解しながらFX自動売買システムのデメリットも理解しましょう。

欠点を理解して上手く活用することによって、デメリットを補う取引をすることができます。

FX自動売買システムのデメリット5つ
  • 取引手数料が裁量トレードに比べて高い
  • 相場状況によって上手く噛み合わない場合がある
  • 自動売買システム詐欺に合う可能性がある
  • トレンド相場に不向き
  • 完全放置していると勝てない

FX自動売買システムはFX会社が独自開発しているシステムなので、手数料が多少かかってしまいます。

システムを開発している分利用料も高いので、取引コストを考慮した収益率を考える必要があります。

取引手数料が裁量トレードに比べて高い

裁量トレードの場合各FX会社によって違いますが、スプレッドを狭く設定されているので取引コストを抑えたトレードが可能となっています。

取引手数料も無料なので、取引手数料によって収益が大きくマイナスになることはありません。

FX自動売買の場合、スプレッドが裁量トレードと異なり変動性になっているので予想外のコストがかかる場合があります。

取引手数料も有料なFX会社が多いので、裁量トレードよりも取引コストがかかってしまいます。

相場状況によって上手く噛み合わない場合がある

相場状況によって設定している自動売買システムと噛み合わないことがあります。

指定レートやストラテジの選択を間違えると損失しか出さない自動売買システムとなります。

相場状況によってシステムを変更しないと上手く機能しません。

裁量トレードは自分で取引するので、臨機応変に取引方法を変えられますが、自動売買システムは臨機応変に対応できないので自分で自動売買システムを調整する必要があります。

詐欺に合う可能性がある

近年SNSで高額な自動売買システムを売っている詐欺が多発しています。

高額な自動売買システムを購入したのに上手く作動せず大負けした人もいるので注意する必要があります。

FX自動売買システムを利用する時は、個人からではなく大手FX会社が提供しているシステムを利用しましょう。

トレンド相場に不向き

自動売買システムはトレンド相場に不向きです。

トレンド相場になると自動売買システムが大きく損失してしまう可能性があります。

トレンドが発生したタイミングで自動売買システムを一旦切り上げて裁量トレードに切り替える必要があります。

FX自動売買システムはレンジ相場のみ強いので、強みを発揮できる時だけ利用しましょう。

完全放置していると勝てない

FX自動売買システムは完全放置していると収益をだすことは難しくなってしまいます。

ある程度相場状況を把握して微調整しないと勝つことはできません。

FX自動売買システムを利用するのは初心者でも可能ですが、勝つ自動売買を目指す場合は初心者も勉強する必要があります。

プロ並のトレーダーシステムを利用しても相場状況とマッチしていなければ損失してしまいます。

FX自動売買システムはラクして勝てる魔法のシステムではないということを理解しましょう。

FX自動売買システムは欠点を補えば確実に稼げる!

AIシステム

FX自動売買システムは欠点をちゃんと理解して補う取引ができれば確実に稼ぐことができます。

欠点を補うにはある程度の知識が必要です。

FX初心者は、ある程度の基礎知識とチャート分析をおこなえるようにしておきましょう。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

相場状況を読んで使うタイミングを見計らう

相場状況を読んで適切なFX自動売買システムを利用すると収益率が向上します。

FX自動売買システムを上手く利用できる相場状況をねらって利用しましょう。

逆に自動売買システムが上手く利用できない相場状況は裁量トレードで上手く収益を上げることができます。

自動売買システムから裁量トレードに変更して収益をあげるのも一つの手段です。

裁量トレードと併用すると収益率アップ

為替相場は裁量トレードに向いているタイミングとFX自動売買システムに向いているタイミングがあります。

相場状況を読めるようになって裁量トレードと併用すると大きく稼ぐことができます。

今のレート変動状況がFX自動売買システム向けなのか裁量トレード向けなのか瞬時に把握できるようにしておきましょう。

自動売買に向いている相場を見つける

自動売買システムに向いている相場を見つけるとちゃんと稼げるようになります。

一つの通貨ペアがトレンド相場になっても、他の通貨ペアがレンジ相場になっている場合もあります。

全体の相場状況を把握しながらFX自動売買システムを上手く運用できる通貨ペアを選択しましょう。

FX自動売買だけでFX取引する人は長期的に結果をみよう

FX自動売買システムだけでFX取引する人は、長期的に収益結果を見ましょう。

利用するシステムによって違いますが、FX自動売買システムの収益率は3ヶ月くらい稼働してみないと結果が出ません。

一時的な損失で判断するのではなく、長期的にみて結果を判断しましょう。

相場の変化を把握しつつ長期的にFX自動売買システムの収益をあげる

長期的に運用するとなっても、相場の変化を把握しておく必要があります。

あまりにも上手く噛み合ってない場合はFX自動売買システム素早く変更する必要があります。

FX自動売買システムを完全放置していると、相場の急変に対応できないので注意しましょう。

ある程度のFX知識を身に付けてはじめよう

FX初心者はある程度FX知識を身に付けましょう。

無知ではじめても自動売買を起動することはできますが、選択している自動売買が上手く作動しているか判断できないので損失してしまう可能性があります。

相場状況を把握できるようになると収益率もあがるので、ある程度勉強してからFX自動売買システムで取引をはじめましょう。

FX自動売買システムは裁量トレードと併用させると効果倍増!相場状況によって使い分けよう

FX自動売買システムは裁量トレードと併用させると効果が倍増することがわかりました。

相場状況によって裁量トレードと使い分けると収益率をアップさせることができます。

一つの通貨ペアに絞らず、相場状況で通貨ペアを変える方法もあります。

FX自動売買システムは欠点もありますが、欠点をちゃんと理解しておくと資金損失を抑えることができます。

レンジ相場が長く続く通貨ペアでFX自動売買システムを利用しよう

FX自動売買システムはボラティリティが高い通貨ペアではなく、レンジ相場が長く続く通貨ペアで利用しましょう。

トレンド相場が発生しやすい通貨ペアはFX自動売買をしていると大損失になる可能性があります。

FX初心者は特にレンジ相場の多い米ドル/円の通貨ペアでFX自動売買システムを利用してみましょう。

トレンド相場は裁量トレードに切り替えて収益を狙おう

裁量トレードもやっている人は、トレンド相場になった時に自動売買から裁量トレードに切り替えてトレードしましょう。

トレンド相場は手動で注文する方が高い収益を得ることができます。

トレンド相場とレンジ相場を上手く見極めて上手く併用していきましょう。

FX自動売買システムを完全放置するのはNG

FX自動売買を完全放置するのはNGです。

完全放置していると、相場の急変に対応できず損失トレードを連発してしまう可能性があります。

時間があるときに取引画面で自動売買の損益状況を確認しましょう。

関連記事