カテゴリー
FXとは?

FXの取引は土日も可能?FX取引で覚えておくべき土日の取引可能時間・取引ルール

Fxを始めることを検討している人の中には「FXって24時間ずっと取引できると言うけど、ほんとなの?」「会社員だから土日に取引できるといいな」という方も多いのではないでしょうか。

FXという投資をするのが初めてだと、分からないことだらけで不安ですよね。

この記事では、「FX取引はいつできるのか?」という疑問に答えていきます。

FXは土日・祝日も値動きする!休日にFXトレーダーがすべきこととは?

土日はFXの取引は不可能!

FXが取引可能なのは平日のみで、時間帯は季節にもよりますが、月曜日の朝7時頃から土曜日の朝7時頃までです。

世界中のどこかの国で市場が開いているので平日は24時間取引ができますが、土日は一斉に休みになるため土日は取引ができないのです。

平日は24時間取引可能

一週間の期間で各国の市場を見ていくと月曜朝はニュージーランドンの市場から始まり、アジアや欧州の各国、最後はアメリカの市場という風に、時差に伴って各国の市場が開いたり閉まったりしながらトレードが続いて行きます。

アメリカ・ニューヨークの市場が開くのが最も遅く、現地の金曜夕方に閉まるのですが、日本時間でいうと日付を通り越して土曜日の7時頃にようやく市場が閉まります。

土日はなぜFX取引ができないのか解説

「日本は土日が休みなのだから取引できないのだろう」と思われるかもしれませんが、理由はそれだけではありません。

世界各国で開く市場には各国の事情があるのです。

金融機関が休みだから取引できない

「そんなの当り前だろう」と思われたあなた、間違いではありません。

でも、日本だけの問題ではなく、東京・欧州ロンドン・ニューヨークなど主要市場のある各国の休日が法律で「土曜日・日曜日」と決められているからなのです。

そのため、土日はどの国の金融機関もお休みで市場取引はできないわけです。

土日取引はできないが為替は動いている

一方、為替は土日も動いています。

なぜなら、中東の国では「金曜日」が休みと定められており、土日は市場が開いているからです。

とは言っても、中東の相場を個人の力で確認したり取引したりということはできません。

土日はゆっくりと休んだり分析に時間を使ったりして、週明けの主要市場での取引に備えていきましょう。

土日取引できないFXの特性を使ったトレード手法

土日に大きな事件やニュース、政治の動きが出ると、週明けに大きく値動きする現象が起きます。

どういういことかと言うと、週明けのレートの値が飛び、チャートの線にすき間があく現象を「窓が開く」と言うのです。

週明けの朝早くには、この窓を気にするようにします。

月曜日の朝に発生する窓明けを狙う窓トレード手法

窓には、開くとその反対方向に値が動きやすい性質があるので、これを利用したトレード手法があります。

窓が開くと、それとは反対方向に値が動き、窓が開く前まで値が戻る「窓閉め」という現象が多く起こります。

窓が閉まるまでに1日以上かかったり、窓閉め現象はおよそ2割の確率で起こらないこともあると言われているので、損切りのタイミングを決めておく等、リスクには注意しましょう。

窓を利用したトレード手法
朝の早い時間帯に相場を開き、「窓が開いている」ことを確認。
窓が開いた方向に、ローソク足のヒゲが長く伸び、逆方向への値動きが始まるのを待つ。
逆方向の値動きのポイントを確認し、窓が開いた方向とは逆方向に注文を出す。(下方向に窓が開いていたら、逆方向に上がりだすタイミングで「買い注文」)
窓が発生した値幅の50%程度で利益確定する。

FX取引できない日は土・日曜日以外あるの?年始年末・クリスマスは取引不可能

FXの時期的な要素も見ていきましょう。

各国で定めた休日である土日のほか、特徴的なのは年末の動きです。ここでは、特に注意が必要なクリスマスと年末年始について解説します。

FXを始めると、世界の休日や動向についても、目を配るようになっていきます。

クリスマスは海外市場が閉まる為、24時間のトレード不可能

日本では大晦日と元旦が重要視されますが、海外ではクリスマスの方が重要でクリスマス休暇のほか、クリスマス当日はお店は閉まるのが一般的です。

FXでも12月25日のクリスマスに市場が開いているのは、なんと日本だけ。

9時から15時までの間だけ取引ができます。

大晦日や元旦はほとんどの市場が閉まるのでトレードできない

大晦日が平日の場合は、いつもどおりの取引ができますが、各FX会社で通常営業なのか時短営業なのか対応にバラつきがあります。

年末が近づいてい来たら、自分が使うFX会社がどういった営業の形を取るのかしっかり確認していきましょう。

元旦は、日本だけでなく世界中の市場が休みになるので、取引することはできません。

どうしても土日もトレードしたいという人はデモトレードで練習しよう

「自分は土日が休みだから土日にトレードしたい」という方は、本番取引ではなく、デモトレードを使うという方法があります。

デモトレードは、実際の市場の動きに合わせたチャートを使い、本番さながらの取引練習ができるのが特徴で、土日にも練習ができるデモトレードがあります。

土日でも仮想レートを利用できるデモ口座がある

FX会社によっては、土日も実際の相場の動きに合わせた仮想レートの中で練習ができるデモトレードを用意している会社があります。

土日も実際に近い形のチャートで練習ができるのは、平日忙しい人にうってつけです。

ぜひ、インターネット検索して探してみてください。

初心者向けFXデモトレードアプリはリアルチャートを利用していないものもあるから土日も取引可能

また、今はスマホアプリでもデモトレードを体験できるものがあります。

ゲーム感覚でFXトレードを体験でき、FX会社によっては土日も仮想レートを用いて取引可能なので、スマホ一本でFX取引をしたいという方にはとてもおすすめです。

ただし、デモトレードはあくまでも練習なので、デモに慣れたら早めに本番取引に移りましょう。

FXは土日取引できない!年末年始は平日でも取引できない時間があるので気をつけよう

土日は世界の多くの市場が閉まっており、取引できないのは今まで解説してきたとおりですが、もう一点時期的な注意点があります。

それは「年末年始」です。

大晦日は平日なら取引可能、元旦はどこの市場も休日となり取引は不可能です。

1月2日以降は平日であれば、取引可能となりますが、年末年始は通常とは違う動きになりやすいことを頭に置いてトラブルに備えましょう。

12月はトレード参加者も少なくなるので要注意

また、海外では12月20日前後から1月1日頃を「クリスマス休暇」と言い、長い休みに入るのが一般的です。

この時期はクリスマス休暇に伴い、参加トレーダーの数が大幅に減ります。

少しの売買が大きな値動きになったり、思わぬ方向に値が動いたりすることもあるので、まだ決済していないポジションがある場合は早めにすべて整理してポジションをゼロにしておくことが大切です。

関連記事