カテゴリー
FXとは?

FXでのロンドン時間とは?時間帯の特徴や有効活用して稼ぐ方法を解説

ロンドン時間はFXに取り組むうえで、最も利益を出しやすい時間です。この時間は世界中から多くのトレーダーが参入してきます。

またロンドン時間は3大市場の一つに数えられ、取引量が多いことから世界中のトレードの中心といっても過言ではありません

そのため取引量が増える時間や相場傾向をつかむことが、利益を確保するために必要不可欠になります。

そんなトレーダーの利益を左右するロンドン時間について、トレードに成功させるために必要なコツを解説します。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

FXでのロンドン時間とは

ロンドン時間

FXでのロンドン時間は、市場全体の取引参加者が英国・欧州大陸などヨーロッパの周辺地域の中心となる時間帯のことです。

主要な取引の時間はロンドン時間・東京時間・ニューヨーク時間です。これら3つの取引時間は世界3大市場と呼ばれています。

3大市場の取引の順番は、東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間と続いており、中でもロンドン時間になると取引が活発になる特徴があります

とくにロンドン市場とニューヨーク市場が同時に開いている時間が取引量が増えるので、値動きが大きくなる可能性が高いです。

日本時間では15時~25時がロンドン時間

日本時間におけるFXのロンドン時間は、15時~25時です。この時間帯は、欧州の市場が開くことで取引が活発になってきます。

だいたい17時からロンドン市場の参加者が増加し、主にユーロやポンドなどの欧州通貨の取引が活発になり、とくにユーロ圏の経済指標の発表がされると取引量が増えます

注意点はロンドン時間ではサマータイムが導入されており、「夏時間」と「冬時間」で取引時間帯や値動きの時間帯が変わるところです。

夏時間は日本時間の午後4時~翌午前0時で、一方の冬時間は日本時間の午後5時~翌午前1時になります。

ちなみにロンドンのサマータイム開始は3月最終日曜で、終了する期間は10月最終日曜です。

FXでのロンドン時間の相場傾向

ボラティリティとはなにか解説

ロンドン時間の相場傾向は以下2つの特徴があります。

ロンドン時間の相場傾向
  • ユーロが強くなる
  • 通貨ペアが上昇が見込める

ロンドン時間は世界中のトレーダーたちが参加しやすい時間に取引が行われるため、ユーロの取引量が増えることになります。

とくに東京時間やニューヨーク時間と重なる時間は取引は、ユーロを通じた売買が盛んに行われています。

また数多くの投資家がハイレバレッジをかけて取引を行うため、通貨の価格変動が激しくなりがちです。

さらにユーロだけでなくドルや円など他の通貨も強くなるので、ロンドン市場は全体的に売買の取引が活発になります。

ユーロが強くなる

ロンドン時間ではユーロの通貨の取引量が多くなります。イギリスのポンドの取引量も増えますが、最も増える通貨はユーロです。

なぜならロンドン時間では大口投資家による金取引が行われるためです。

金の取引はユーロやポンドがドル建てで行われるので取引額が増えてしまいます。

また時差の関係で、世界中のトレーダーが参加しやすい時間である点も取引量が増える要因の一つです。

例えばアメリカや中東、アフリカなど様々な国でも取引が行われています。

他にもアジア市場やニューヨーク市場のトレーダーの参加により、市場規模が広がることでロンドン時間の取引活発になるのです。

朝の時間帯に上昇している通貨ペアが上昇を続ける可能性が高い

ロンドン市場はFXレートを決めるロンドンフィキシングや、世界経済の流れから通貨ペアの価格が上昇する可能性が高いです。

世界各国の個人投資家や機関投資家だけでなく、ロンドンの金融機関が為替の売買を行うため価格の変動が大きいです。

また通貨ペアの価格上昇は英ポンド円のみでなく、ドル円などの他の主要通貨ペアの上昇も期待できます。

しかし当然のごとくハイレバレッジで多額の利益を狙う投資家が増えるため、通貨の取引量が増えることにも繋がります。

ただし、月末になると投資家たちがポートフォリオを見直しで全決済する可能性があるので、ハイリスクハイリターンの投資になりやすいです。

FXでのロンドン時間の特徴

ボラティリティの通貨ペア

FXでのロンドン時間の特徴は以下の2つです。

FXでのロンドン時間の特徴
  • NY市場の始値と東京市場の終値を把握できる
  • ロンドンのトレーダー達が活発化する

ロンドン時間はニューヨーク市場と東京市場に挟まれているため、それぞれの始値と終値を把握してトレードに取り組めます。

為替は通貨の流れが変わることがあるので、取引量の調節や相場の判断ができる点は大きなメリットです。

また、ロンドンのトレーダーたちが投機目的でトレンドの発生を引き起こすため、市場全体が活性化することが多いです。

とくにFX初心者の方は大きく損失を出す可能性が高いので、安易に資金を投じることは避けましょう。

NY市場の始値と東京市場の終値を把握してトレードできる

ロンドン市場が開いている時間は、東京市場の終値とニューヨーク市場の始値を把握してトレードに取り組めます。

東京市場でできた流れを把握して、ニューヨーク市場の始値に合わせて取引量を調節することが可能です。

じつは東京市場からロンドン市場へ流れが移るとき、途中で流れが変わることが多いので終値を把握することは重要になります。

また欧州系通貨ペアの変動が激しくなり、東京市場とは異なる値動きになることは珍しくありません。

そのためニューヨーク市場の始値が決まる前に、東京市場からロンドン市場にかけての取引量を調整してトレードが行えます。

ロンドンのトレーダー達が活発化する

ロンドン市場が開場することで、投機筋の参加や豊富な資金を使って大きな取引を仕掛ける場合が多いです。

なぜなら様々な思惑をもったロンドンのトレーダーたちが市場に参入し、値動きがセオリー通りにならずにトレンドの発生を引き起こすからです。

例えば、東京市場を中心にアジアの時間でできたポジションを、ロンドンのトレーダーたちが損切りさせることを狙っている可能性があります。

また、政治や経済ニュースの影響も値動きを激しくする原因になるため、いち早く投機売買を仕掛けられることが多いです。

そのためロンドン時間は、利益を狙うロンドンのトレーダーは利益目的の投機の為替操作に注意を払って投資を行いましょう。

FXのロンドン時間で稼ぐ方法

FX自動売買で会社員が稼ぐ方法

FXのロンドン時間で稼ぐ方法は以下3つです。

FXのロンドン時間で稼ぐ方法
  • ロンドントレーダー達の動きでレンジブレイクを待つ
  • ロンドン市場の昼休みにエントリーする
  • ロンドン時間とNY時間が被る時間帯で取引する

ロンドントレーダーの動きから、レンジブレイクを起こすタイミングを掴めると利益を出しやすくなります。

また投機目的でレートを操作することを見抜けると、トレンド相場の動きを把握できるでしょう。

さらにロンドン市場の昼休みを狙うことで、値動きが緩やかなポイントで相場の分析が可能になります。

なにより3大市場のロンドン市場とニューヨーク時間が重なるので、取引量が増えて利益が上がるチャンスです。

ロンドントレーダー達の動きでレンジブレイクが起きるのを待つ

ロンドントレーダーの動きを読んで、レンジブレイクが起きるのを待つと稼ぎやすくなります。

なぜなら投機目的が多いロンドントレーダーは、価格を操作するために資金を投じることがあるため、値動きのタイミングを待つことが重要になるからです。

一定の幅の動きから価格が急激に動いて、マーケットの横ばい状態を破るためにレンジブレイクを起こしやすくなります。

買い勢力と売り勢力の勝敗が決まった時に、勝利した勢力に乗っかることで損失を出す可能性を減らすことができます。

またレンジ相場が続いている場合は値動きのタイミングを待つことで、ロンドントレーダーたちの裏をかけるようになるでしょう。

ロンドン市場の昼休みにエントリー

ロンドン市場の昼休憩にエントリーすることで、急激な値動きを避けて取引を行えます。

その理由はロンドン市場の激しい値動きが、昼休みは比較的動きが穏やかになるためです。

だいたい日本時間で18~19時あたりに昼休みに入るので、レンジブレイクを狙うための相場分析などが行えます。

その後はニューヨーク市場の取引時間帯と重なるため、取引参加者が最も多い時間帯になり、大口の注文が増えて値動きの幅が大きくなりがちです。

取引の参加者が増える前に買い注文を行うことで、値上がりの流れに乗ったときに大きく利益を増やせるようになるでしょう。

ロンドン時間とNY時間が被る時間帯で取引する

ロンドン時間とニューヨーク時間が重なる時間の取引は、2つの市場から取引が活発になりやすいです。

とくに21時から24時の間(冬場の時間は22~翌1時)に取引が最も活発になり、取引量が増えて利益を上げやすくなります。

それだけFX3大市場の上位2つの市場が被る時間帯は、多くのトレーダーが参入しやすくなって注文の数が増えます

さらにスイスのチューリッヒ市場やフランスのパリ市場など、ヨーロッパの他の市場と取引時間が重なることで市場全体が活発になります。

一日で最も為替レートが動きやすい時間帯なので、トレンドにうまく乗っかるように取引を行いましょう。

ロンドン時間でFX取引する時の注意点

注意事項

ロンドン時間でFX取引する際は以下2点に注意が必要です。

ロンドン時間でFX取引する時の注意点
  • 大損失トレードになりやすい
  • 東京時間でのチャート傾向と逆方向に進むことがある

ロンドン時間は数多くのトレーダーが参入するため、損失を出すリスクが高まることは避けられません。

また東京時間からのチャート傾向と、真逆の方向に進む可能性があります。

基本的に大きく利益を狙おうとすると失敗しやすくなるため、ロンドン時間の取引はリスクを踏まえた上で取引を行いましょう

流動性が高くなるため大損失トレードに注意

ロンドン時間のトレードは参入するトレーダーが多くなるので、値動きが激しくなることで損失を出す可能性が高まります。

レンジブレイクを起こして一気に大きなトレンドが発生し、価格が大きく変動するリスクを抱えてトレードに取り組まなければなりません。

また金の価格を決める「ロンドンフィキシング」が起こるため、為替レートが大きく動くことがあります。

なぜなら金の価格は為替相場と関連性が高く、レート全体に影響してしまうからです。

他には個人投資家がリスクの高い取引を行うことで、ドル円やユーロ円などの主要通貨ペアの値動きが激しくなり、大損失のトレードを引き起こす可能性が高くなります。

東京時間でのチャート傾向と反対に行くパターンもある

ロンドン時間は東京時間とチャート傾向が180度変わることは少なくありません。

東京時間で上昇していても、ロンドン時間になって崩れることは多いです。

基本的には東京時間から順張りの戦略が成功しやすいのですが、欧州勢が参加すると流れがガラっと変わってしまうことが増えます

とくにロンドン時間が始まる16時からの変化が激しいので、値動きの変動に左右されないように注意が必要です。

FXでのロンドン時間の相場傾向を利用してうまく稼ごう

FXのロンドン時間は、東京時間とニューヨーク時間が重なることで、世界中からトレーダーが参入して取引量が増えます。

もちろん取引のリスクは増えますが、その分利益を出す可能性が高まることも事実です。

ただし相場の値動きが激しいので、ロンドン時間の相場傾向をつかむことで取引の勝率を上げることができるでしょう

関連記事