カテゴリー
FXとは?

FXで損切りせずに勝つ!損切りしない手法と実践する時の注意点を徹底解説

FX初心者で最初に直面する問題があります。

「テクニカル分析ができない」、「ハイレバレッジ取引をしてしまう」と問題は多数ありますが、1番多いのが「損切りできない」です。

損切りは資金を守る手段で、損失を最小限に抑えて次の取引につなげることができます。

しかし損切りの重要性を理解していても、損切りを徹底しておこなうことができないトレーダーが多いです。

今回は、「損切りせずに勝てる方法はあるの?」、「苦手な損切りを克服したい」という人に損切りせずに勝つ手法や損切りに対する苦手意識を克服する方法を紹介します。

損切りは自分の資金を守る為に必要であり、取引の中でも1番重要になっている部分です。

損切りしないで勝つ手法を実践するとしても、損切りの重要性を把握しておく必要があるので注意しましょう。

これからFXトレードをはじめる人や損切りに苦しんでいるトレーダーは参考にしてください。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

このページのもくじ

FXで損切りせずに勝つ方法

損切りの仕組み

FXで損切りせずに勝つ方法を紹介します。

損切りしないということは、含み損が出ても決済しないという事です。

含み損が出ても耐えてプラスにしていく必要があるので、メンタルを強くすることが必須です。

損切りしない手法は最悪の場合ロスカットに追い込まれます。

ロスカットにならない立ち回りが必要なので、FX知識をある程度身に着けてから実践してください。

➀レバレッジを抑えてスイングトレードする

損切りせずにポジションを放置しておくと、含み損が増え続けます。

証拠金維持率が低下してロスカット執行されると資金を失います。

損切りせずに勝つ手法は上記のケースを回避して取引する必要があります。

なので、レバレッジはしっかり抑えて取引する前提で考えましょう。

長期的なトレード目線をもってレバレッジを抑える手法は損切りを考えず資金運用することが可能です。

重要なのはエントリーポイントになるので、取引をはじめる時はしっかり根拠を持ってエントリーしましょう。

取引する通貨ペアの最安値と最高値を把握して、1年程ポジションを持つプランを立てることが重要です。

含み損が増えて来た場合両建てで利益を狙うこともできるので、相場状況によってスタンスを柔軟に変えましょう。

【例1】米ドル円で損切りせずにスイングトレードする

米ドル円

長期的なトレード目線をもってレバレッジを抑えるといっても具体的にどうすれば良いのかわかりませんよね。

これから米ドル円を対象に損切りせずに取引する手法を具体的に説明します。

まず米ドル円の最高値と最安値を把握します。

米ドル円の最高値と最安値
  • 最高値:120円
  • 最安値:75円

通貨ペアの値動き範囲を大方捉える事によって、現在の値動きからロングポジションするかショートポジションするか決定します。

最安値・最高値の範囲を超えると、予想の範囲を超えているので取引一旦停止して再度分析する必要があります。

次に取引する資金を分割して、範囲ごとに投資する資金を設定します。

今回例に挙げている米ドル円は45円の値幅範囲があるので、以下の通りになりました。

値動きごとに投資する資金
  • 110円~120円の範囲:30万円
  • 100円~110円の範囲:25万円
  • 90円~100円の範囲:20万円
  • 80円~90円の範囲:15万円
  • 75円~80円の範囲:10万円

含み損に耐えられる様に資金を設定する必要があります。

上記の場合円安になる程多めの資金を設定しており、円安時にロングポジションを保有してから円高になっても耐えられるようにしています。

円高の時にロングポジションを保有してさらに円高が進んでも大きな含み損にならない為当市資金を少なくしても問題ありません。

【例2】ポジションの保有方法

資金管理設定を整えると、現在の値動き状況を把握するためにテクニカル分析をします。

好きなテクニカル指標を使って分析していきましょう。

損切りをしない手法なので、含み損に耐える必要があります。

例えば米ドル円が115円の状態で1000通貨単位購入したとして、75円まで下がった場合含み損は4万円になります。

110円~115円に割り当てている資金は30万円なので、0.1Lot程度の含み損は耐えられる設計になっています。

しかし、取引数量を大量に購入すると資金30万円以上の含み損がでてしまう恐れがあります。

取引数量と含み損の計算をしっかりしてポジションを保有することが重要です。

【例3】含み損が進んでもスワップポイントで補う

米ドル円をロングポジションで保有していても、スワップポイントで利益を積み重ねていくことができます。

含み損に耐えることさえできれば、回復するのを待つだけなので放置していても問題ありありません。

円安になったタイミングで利確すればプラスになるので、トレンド転換するまで待ちましょう。

【例4】資金を増やすことに成功すれば取引する数量を増やす

損切りをせずに含み損に耐えつつ、利確のみしていくと資金は増えます。

含み損がある状況でも資金を増やせているので、増えた資金を取引に費やしていきましょう。

元々決めていた予算を変更して、割当資金を増やすとトレードチャンスも増えていきます

含み損に耐えられるレベルの取引で進行させる必要があるので、レバレッジを抑えることを忘れないようにしましょう。

②最安値・最高値でエントリーする

中途半端な市場でエントリーすると、損切りしないトレーダーはロスカットになる可能性が高いです。

損切りしない方向で取引する人は、中途半端な市場でエントリーしないようにしましょう。

レンジ相場になっている通貨ペアやマイナー通貨ペアは予想外の動きをしたり、予想と反する動きをしてしまったりする可能性が高くなります。

損切りしない取引は確実に勝つ根拠をもってエントリーする必要があるので、絶好のエントリーチャンスを見つけるまで待ちましょう。

FXで資金を溶かしてしまうのはなぜ?有り金全部溶かす人の特徴と絶対に溶かさないコツ

大暴落後はチャンス

豪ドル円

2020年に発生したコロナショックのような大暴落が発生した場合、エントリーチャンスが生まれます。

通貨ペアの最安値を更新し、ファンダメンタル的にも落ち着いた状況を見計らってエントリーします。

最安値を更新し続けると負けてしまいますが、含み損に耐えてトレンド転換すれば大きく稼げるチャンスになります。

上記のようなチャンスは数年に1回あるレベルなので、辛抱強く待つ必要があります。

色々な通貨ペアの相場状況を見つつ、大暴落後の回復に乗ってエントリーしましょう。

③取引数量を小分けにして損切りせずに取引する

含み損が増えてロスカットになる原因は損切りの他に取引数量が多いこともあります。

取引数量を小さくすると利益は少なくなりますが、損失をへらすことも可能です。

取引数量を抑えて小分けにすることによって、資金分散で損失をコントロールすることができます。

損切りしない方面で考えている人は、一点張りのトレードをやめて色々な通貨ペアで取引してみましょう。

両建てで含み損を減らす

両建て

各FX会社によって異なりますが、両建て取引を利用することによって含み損をへらすことができます。

両建てはレンジ相場に有効とされていますが、トレンド相場でもリスクをコントロールするために使えます。

取引数量を小分けに分けて、両建てするとレートがどの方向に行っても利益を増やすことが可能になります。

しかし最悪の場合、両方のポジションが損失トレードになる場合があるので注意しましょう。

損切りしない取引の考え方

損切りしない取引手法を紹介しましたが、手法を実践する前に損切りしないトレードの考え方を把握しておきましょう。

損切りしない取引は為替相場を長期的に判断しています。

つまり直近の値動きに左右されたり、含み損でメンタル的にやられてしまう人は勝つことができません

損切りしない取引の考え方を理解した上で上記の手法を実践していきましょう。

含み損が増えてもロスカットにならなければ良い

含み損をどれだけ増やしても、ロスカットにならなければ資金は減りません。

回復するまで待つ忍耐力が必要になりますが、決済する時点でマイナスになっていなければ勝ちという考え方です。

損切りしない考え方は資金をある程度持っていないと成功しない考え方なので、損切りしないトレード手法を実践する人は100万円程度用意しておきましょう。

長期的な目線を持つ

1週間程度の値動きを追うのでは無く、年単位で相場状況を見る必要があります。

相場状況を大きく捉える事によって、損切りせずに耐えながら利益を増やすことができます。

資金が多ければ多い程含み損に耐えて利益を増やすことができるので、損切りせず取引する人は多めの資金を確保しましょう。

相場状況を長期的に見る方法は投資信託と類似していますが、FX取引なので柔軟に取引方法を変更することができます。

長期的な目線を見つつ大きな相場転換が起こった際には素早く対応できるようにしておきましょう。

FXでの損切りしない手法は初心者におすすめできない

上記では損切りしない手法を紹介していきましたが、初心者にはおすすめできません。

FXでの損切りしない手法は初心者におすすめできない理由
  • 取引に慣れていないから
  • 相場状況を把握する必要があるから
  • 大失敗すると一発退場する可能性があるから

FXでの損切りは、資金をすべて失わない手段です。

トレードに慣れていない初心者は、失敗する可能性が多いので損切り前提で動くことをおすすめします。

手動で損切りするのがどうしても苦手という人もいるので、注文方法を変えてシステムに損切りしてもらう方法を覚えましょう。

相場を読めるトレーダーでないと失敗する

通貨ペアのレート変動を細かく読み取ることができなければ、間違ったポジションを保有してしまいます。

損切りしない手法は失敗をすると大損失してしまう恐れがあるので、取引になれていない初心者には向いていません。

投資信託よりのFX取引がしたい人は別ですが、「専業トレーダーを目指したい!」、「毎月しっかり稼ぎたい」という人は損切りして資金管理をする必要があります。

損切りは一見資金をマイナスにして勿体ない取引に見えます。

しかし、実際損切りを徹底していると最終的に資金をプラスに持っていく可能性が高くなります。

損切りの重要性や相場状況の分析をしっかりできるようになるまでは、とにかく損失を抑えることに集中しましょう。

資金が少ない人は損切りする手段を持たないと負ける

少額資金でFXを初めたい人は損切りしないと、一発退場する恐れがあります。

損切りすることによって多少マイナスになりますが、資金を全て失うことを回避できます。

少額資金の人はエントリーチャンスも必然的に少なくなってくるので、資金分散で資金管理することが難しくなります。

損切りしながら資金を増やしていく方法がベストなので、損切りする値幅を最初から考えて取引に挑みましょう。

FX初心者にありがちな怖い失敗とは?失敗談から学ぶ!借金・破産を防ぐリスク回避方法

損切りしないとどうなる?意味なく損切りをするとほぼ100%退場する理由

FXで損切りしない方法を取るなら、リスクを理解した上で理屈を徹底的に考えて対処する必要があります。

ただ意味なく損切りをしない人は、ほぼ100%の確率で退場すると言って良いでしょう。

損切りしない方法は初心者には全くおすすめできませんし、プロトレーダーの中にも損切りを重視していない人はほとんどいません。

損切りしないとロスカットになり大失敗する

ロスカット

損切りは最大損失を回避する方法です。

FXでは手元資金以上の資金を投資するレバレッジというものが存在します。

レバレッジをかけて取引すると投資効率を上げることができますが、損失リスクも高くなり最悪ロスカットとなります。

ロスカットが執行されると、FX口座に入金している資金はほぼゼロとなり最悪の場合マイナスになります。

マイナスになると追証を支払う必要があります。

損切りは上記のようなことにならない為の手段なので、多くのトレーダーが重要視しています。

プロトレーダーも損切りを重視しており、損切りできないトレーダーは負けると公言しているプロトレーダーもいます。

FXのロスカット(強制決済)とは?証拠金維持率の計算方法と主要FX会社のロスカット条件

損切りは資金を守り次の取引に繋げられる

損切りすると損失してしまいますが、次の取引で取り返すことが可能です。

マイナスになるのを避けて、ポジションを保有し大損失になってしまうと、結果次の取引が不可能となり自主退場してしまう恐れがあります。

損切りは一時的に損失を被りますが、取り返すチャンスを増やすことができます。

損失額も最小限に抑えているので資金を大きく減らすことはありません。

メンタル的にいやだと思うトレーダーもいますが、損失は最終的に資金を増やす行動に結びつくので重要です。

損切りが苦手なトレーダーにおすすめの注文方法

損切りの重要性を把握したけど、損切りが苦手というトレーダーは多数存在します。

これから損切りが苦手なトレーダーにおすすめの注文方法を紹介します。

損切りは自分で操作する損切り方法もありますが、システムが自動的に損切りする方法もあります。

損切りするとメンタル的にダメージがあるので、システムが自動的に損切りしてくれる方法がおすすめです。

苦手意識を克服したい人に最適の方法なので参考にしてください。

OCO注文は損切り幅を最初に設定するだけで損切りしてくれる

OCO注文

OCO注文は決済値と損切り値を設定できる注文方法です。

最初から決めた損切り値にレートが到達すると自動的に損切りしてポジションを手放してくれます。

決済する時も自動でやってくれるので、欲をだしてポジションを既定値よりも長くもってしまう心配もありません。

機械的に取引を進められるので、「損切りが苦手」、「感情にトレードが左右されてしまう」という人におすすめです。

逆指値注文で損切り数値を設定できる

逆指値注文はストップ注文とも呼ばれていて、損切りする値を設定できます。

損切り設定でなく決済設定でも利用することができるので、手動決済も設定したい人は両方設定しておきましょう。

上記で紹介したOCO注文と併用すると更にリスクコントロールをすることができるので、うまく利用してみましょう。

損切りで何度も損しないように失敗を回避する方法

損切りは損失を最小限に抑える手段ですが、何度も損切りトレードしていると資金を大きく減らしてしまいます。

損切りトレードを回避するにはトレードの質を上げる必要があります。

これから損切りで何度も損しないように失敗を回避する方法を紹介します。

FX取引は利確しなければ資金を増やすことができません。

損失トレードを減らして勝率を上げる為にもしっかり把握していきましょう。

根拠を持ってエントリーする

根拠を持ってエントリーすることは最重要ポイントです。

適当にエントリーして勝つ可能性はありますが、勝ち続けることは不可能です。

エントリーするタイミングやロング・ショートどちらで攻めるかは適当に決めず、しっかり分析してから決めましょう

根拠を持ってエントリーすると、勝つ理由と負ける理由を明確に理解することができます。

トレードスキルを成長させることもできるので、FX初心者はあらゆる分析方法を試してみましょう。

ファンダメンタル分析に頼りすぎない

ファンダメンタル分析は、市場の全体把握する為に有効な分析方法です。

しかし、ファンダメンタル部分だけを重要視していると直近の動きが読めず負けてしまう可能性があります。

チャートの動きを分析するテクニカル分析と併用して取引していきましょう。

世界の経済状況的に不景気だから円高になるだろう、というように安易な分析をしてしまうと大失敗する恐れがあります。

為替相場の方向性を理解するためにファンダメンタル分析は必要ですが、細かい値動きを把握するにはテクニカル分析が向いているので両方できるようにしましょう。

SNSの為替情報を鵜呑みにしない

SNSでトレーダーが流している情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

有名トレーダーがロングポジションだから、エントリーしようなどと考えてしまうと最終的に負けてしまいます。

トレードは個人でやるものなので、他人の考えを100%取り入れて結果を委ねる行為はNGです。

情報が間違えていても誰も保証してくれないので、自分で相場状況を判断できるように心がけてください。

損切りしない手法は存在するが初心者には不向き

損切りしない手法は存在します。

しかし、相場状況を読む力・損切り以外で資金を徹底管理する力が必要となってきます。

損切りせずに勝ち続ける為には、ハイレベルのテクニックが必要になるので初心者には向いていません

損切りはプロトレーダーでも徹底しているので、初心者は損切りの重要性をしっかり学んで資金管理を徹底できるようにしておきましょう。

関連記事