カテゴリー
FXとは?

日銀砲で大ダメージのヘッジファンドは今後どうなる?海外の反応まとめ

FXの2chを見ると「日銀砲」という言葉を目にします。

日銀砲は金融関係の言葉で、日銀砲が発生すると海外のヘッジファンドが大ダメージを受けます。

今回は日銀砲について解説します。

日銀砲を受けた海外の反応も解説しているので参考にしてください。

日銀砲はトレーダーにとっても重要視すべきポイントです。

円高円安を左右するので、意味合いを理解しておきましょう。

FXとは何?知っておきたいFXの基礎を初めての人にもわかりやすく解説

日銀砲とは

日銀砲とは

日銀砲は日本銀行が取引に参入して値動きを変えることを言います。

日銀砲はネット上で作られたものなので、日銀砲という言葉はありません。

米ドル円の状況が円高ドル安になると、日本の製造業や加工業の売り上げが減少します。

日本の商品を海外で売っても安くなってしまうため、企業が窮地に追いやられます。

こうした企業の危機にあらわれるのがハゲタカファンドです。

ハゲタカファンドは債務履行が困難とみなされている企業の債権を安く買い、買った価格以上のリターンを企業から回収することで利益を得ています。

日本政府はハゲタカファンドによって経済面で大きな変化が起きることを嫌い、円高防止のために日銀砲を発生させます。

日本銀行が市場介入すること

日銀砲は日本銀行が市場介入します。

通常のトレーダーよりも莫大な資金を持っているため、為替相場の流れが大きく変わって行きます。

日銀砲は過去に何回か発生しており、海外のヘッジファンド達は日銀を怒らせてはいけないと思っているほど恐れられています。

過去に発生した日銀砲

過去にどのような日銀砲が発生したのか解説します。

日銀砲は基本的に円高ドル安の状態を脱するために発動します。

日銀砲が放たれる前と相場状況が一変するので、大損失ダメージを受けるハゲタカファンドが続出します。

2004年に円高ドル安から一気にドル高円安に変化

2003年年末にアメリカはイラクとの関係が悪化し、イラク情勢の不安定から円高傾向になっていきました。

急激な円高によって日本企業が大きなダメージを受けると判断した日本政府は、2003年待末から2004年3月にかけてドルを買い続けました。

この日銀砲は1米ドル110円あたりになるまで徹底して取引したため、日本企業のダメージを最小限に抑えることに成功しました。

そしてハゲタカファンドもダメージが大きく、市場から撤退せざるを得ない状況になりました。

2003年の日銀砲は104円台~110円台までドル円を動かしており、個人トレーダー達も大ダメージを受けています。

2010年米ドル円82円から急激に回復

2010年にアメリカではサブプライムローン問題によりリーマンショックが発生しました。

2010年当時は米ドル円が83円台まで降下しており、日本政府は日銀砲を発動しました。

日銀砲によりドル円相場は3%以上下落し、アルゴリズム取引を採用していたファンドが多かったため巨額の損失を被りました。

日銀砲に対するヘッジファンド・海外の反応

新・楽天銀行FXはスリッページが発生しやすいか解説

日銀砲によって大ダメージを受けたヘッジファンドは、日銀を怒らせてはいけないと考えている人が多かったようです。

海外の投資家たちは日銀砲を恐れており損失を被ったファンドの中には外資系ファンドも含まれている為、大きな衝撃を受けていました。

大手ヘッジファンド会社は大ダメージ

大手ヘッジファンド会社は日銀砲により、もちろん大打撃を受けています。

ファンドが受けた損失額があまりにも膨大だったところは、取引担当者としての責任に耐え切れず自殺してしまった人もいます。

日銀砲は一個人のトレーダーが引き起こすものではないので影響力は強く、株式市場でも恐れている海外企業が多数存在します。

FXで破産して自殺をする人も…最悪の事態の前に利用できる自己破産の条件・注意点を紹介

日本銀行には逆らうな

「日本銀行には逆らうな」と日銀砲を受けた海外の個人投資家たちは共通ワードにしているようです。

現在日銀に依存している海外投資家も増加傾向にあり、円にケンカを売ってしまったハゲタカファンドも多くが撤退してしまっています。

外資系ファンドから警戒されている

日銀砲は単純にアメリカ通貨と日本通貨の問題だけではなく、海外の金融市場からも大注目を受けています。

日銀砲が発動されるとハゲタカファンドが大きなダメージを受けるので、効果が高く世界中のファンド達が警戒しています。

基本的に日銀砲は円安状況で発動することはありませんが、今後2010年の82円台まで下落すれば再び日銀砲が発動される可能性が高くなります。

日銀砲は日本人だけでなく海外の人達も大きく影響を受けるものとして認識されています

日銀砲によってトレーダーにダメージはあるのか

日銀砲は海外のファンドだけでなく個人トレーダーにも損害があります。

しかし予想外の値動きで損失を被るのは日銀砲以外にも多数発生しているので、日銀砲に備える必要はありません。

リーマンショックやコロナショックといった予想外の動きは常に為替市場に影響を与えています。

日銀砲以外の大きな指標もしっかりとケアする必要があります。

FXで大損する理由とは?大損する人の傾向と事前に損失を防ぐポイント

日銀砲によって損失するトレーダーもいる

日銀砲が原因で損失したトレーダーもいます

円高ドル安の勢いで売りポジションに入れていたトレーダーは、日銀砲によって大損失しています。

日銀砲は1日数十兆円規模で売買を繰り返していたので、急激な上昇に耐えられない人たちも多数いました。

2chでは日銀砲によってお祭り騒ぎ状態になっており、「ファンドざまぁ」といった言葉を多く見受けられました。

2021年最新FXコピペまとめ41選!爆死で阿鼻叫喚の断末魔・地獄絵図にメシウマ?FXのやる気をなくす?2ch・なんjから厳選【第二の人生】【助けて】

2021年日銀砲は発生するのか?

2021年に日銀砲は発生するのかについて説明します。

2021年ドル円は102円台まで降下し、その後上昇し始め104円台まで回復しています。

2020年から発生している新型コロナウイルスの影響が大きく、日銀砲が今後発動されるかは不明です。

詳細は不明だが備えておく必要はある

2021年は新型コロナウイルスの第二派によって相場が再び荒れています。

全体的に2020年に起きた暴落と比べると回復していますが、今後何が起きるか予想できません。

日銀砲のリスクを常にケアする必要はありませんが、予想外の動きに備えて大損失回避を心がけましょう。

コロナショックでFXの退場者が急増!今後のリスクと回復時期について徹底解説

日銀砲はヘッジファンドから恐れられている

日銀砲はヘッジファンドから恐れられていることがわかりました。

日本銀行が取引に参入すると膨大な資金を投入するため一気に流れがかわります。

日銀砲に影響を受けるのはヘッジファンドですが、個人トレーダー達もダメージを受ける可能性があるので注意しましょう。

日銀砲以外でも大きく値動きする可能性はある

日銀砲以外にも大きく値動きを発生させる要因はあります。

2020年のコロナショックのように予想外の出来事が発生すると、市場状況は一変します。

世界情勢を把握しておけば、日銀砲やコロナショックで大損失することを防げるので、経済ニュースは毎日チェックしておきましょう。

FXは海外のロックダウンでどう動く?各国の施策緩和・延長による為替市場の動向まとめ【新型コロナウィルス】

関連記事