カテゴリー
FXとは?

FXでリスクヘッジは資金分散が重要?勝つ為の考え方と損失回避方法を解説

FXで利益を出すためにはリスクの対策を行わなければなりません。

勝率の高いプロのトレーダーは、損失を最小限に抑えるために細心の注意を払っています

投資の勝率を高めるためには利益を出すよりも損失を抑える方を優先し、資金分散や口座の複数持ちなどで対策が可能です。

FX取り引きを始める前に必要なのは、リスクと対策法を知ることです。

FX取引で発生するリスク

スイングトレードで4時間足を使った最強手法
FXは少額で高額な取り引きを行える投資ですが、相場の変化によって損失が増える可能性に注意しましょう。

基本的にFXは2つの国の通貨の金利差を利用して利益を得るので、様々な変化によるリスクがあります。

例えば金利やレートは各国の情勢による価格の変化や、会社の約定力によるスリッページの発生など、トレーダーはあらゆる局面を想定して投資を行わなければなりません

スリッページ

スリッページとは、注文時の価格と約定価格に差が生じることです。約定は売買が成立することを意味しており、スリッページによって注文時とはズレた価格で発注・決済してしまうことがあります。

FXの注文はトレーダーが注文した後に、FX会社のシステムが認識して取り引きが成立します。

その間にタイムラグが生じてしまうため、必ずしも注文時の相場の価格が反映されるわけではありません。

スリッページは完全になくすことができないので、約定力の高い会社でトレードに取り組まないとリスクを抑えることは難しいでしょう。

またスリッページに加えて、FX会社のシステムの問題が起きてサーバーがダウンすることや、通信機器の不具合で約定できない可能性も考えられます。

【2020年最新】約定力の高いFX会社比較ランキング!スリッページが発生しない・滑らない業者を厳選

金利変動

FXは外国通貨を交換をすると同時に金利の交換を行うため、それぞれの国の金利変動が起こるとスワップポイントがマイナスになる恐れがあります

スワップポイントは通貨ごとの金利差で発生する利益や損失を指し、通貨を持っているだけで得られるポイントのことです。

政治や経済の動向を把握せずに政策金利発表による金利の変化を見逃すと、資産が減り続けるため注意が必要です。

【2021年最新版】FX口座のスワップポイントを比較!通貨ペア別おすすめFX会社ランキング・スワップ運用におすすめの業者を厳選紹介

レート変動

FXはレートが変動することで大きく損失を出す可能性が高いです。

景気や金利が変わるなどが原因で相場が変動し、通貨の価格が急に下落してしまいます

為替レートは24時間動いているため、値上がりや値下がりがどうなるかは誰にもわかりません。

値動きが激しい日には1日数円の上下することがあります。

他には大型連休明けの取り引きや、売買が活発な市場が終わる直前などは、スプレッドが広がることで取り引きごとの負担が大きくなりやすいです。

FX初心者にありがちな怖い失敗とは?失敗談から学ぶ!借金・破産を防ぐリスク回避方法

レバレッジ

FXはレバレッジにより少ない資金で取り引き額を増やせますが、損失を被るリスクが高まります

レバレッジを効かせた状態のポジションは、予想と反するレートに動いた場合損失が大きくなります

証拠金や予算の管理ができていない場合は最悪ロスカットになるので、証拠金維持率は定期的にチェックしなければなりません。

証拠金維持率は、「時価評価総額÷必要証拠金×100」の式を使って計算します。

レバレッジを高めた状態で損失を出すと「追証」や「ロスカット」というリスクをケアする必要があるので、十分な資金でFXに取り組まなければなりません。

FXのレバレッジとは?その魅力とリスク・注意点を徹底解説

FXでリスクヘッジする方法

FXにおいてリスクを抑えるために必要な考え方は「分散」です。

投資先や口座など複数の選択肢を持つことで、リスクを抑えた取り引きが可能になります。

リスク分散をすると損失が出る取り引きになった場合でも、もう一方の取り引きで利益を出せば相殺できるので資産を失いにくくなります。

投資は短期的に利益を上げるよりも、リスクを抑えて長く運用する視点を持つ方が結果として利益を出しやすくなるでしょう。

損切り注文を設定する

あらかじめ損切り注文を設定することで、レートが想定外の動きになった場合でも損失を抑えて取り引きができます

初心者の人は損切りのタイミングが掴めない場合が多いので、事前に損失額の範囲を決めて投資を行うことをおすすめします。

自分で損切りをするのが苦手という人には、注文方法であらがじめ損切り設定を入力してエントリーしましょう。

FXで資金を溶かしてしまうのはなぜ?有り金全部溶かす人の特徴と絶対に溶かさないコツ

OCO注文がおすすめ

OCO注文は2つの注文を同時に出す手法です。

1つの注文が約定した段階で、もう一方が注文が自動的にキャンセルになるので、為替相場が上がるか下がるかわからない時に便利な注文方法といえます。

またOCO注文は新規で立てるポジションだけでなく、すでに立てたポジションに対して使用可能です。

利確と損切り2つの注文を途中で行うことができ、レートが予想外の動きをした場合でも自動で対応できます

ただし設定した価格で決済してしまうので、利益確定のポイントより利益が伸ばせる時は機会損失を生んでしまいます。

OCO注文をした後は定期的にレートの確認を行うと、利益確定のポイントを修正すると利益を出しやすくなるでしょう。

複数のFX口座を所有する

FXに取り組む際は、複数の口座を使い分けることをおすすめします。

FXは取引によって口座を使い分けると、一つの口座のみの投資よりも効率よく運用できるからです

プロトレーダーも活用している1つの方法として、「短期取引用」と「長期取引用」の2つの口座を目的に応じて使い分ける方法があります。

短期取引にはスプレッド幅の狭い口座を利用して、長期取引にはスワップポイントが多い口座を選ぶことで効率よく稼ぎやすくなります。

FX会社によってトレード条件や環境は異なるので、状況に応じて使い分けることで勝率を高られるでしょう。

取引する通貨ペアを1つに絞らない

FXの取り引きは通貨ペアを複数持つことでリスクヘッジに繋がります。

通貨ペアを1つに絞ると、急激に値下がりしてロスカットになると一瞬で資金をゼロにしてしまいます

基本的に投資先を複数もつ目的は、リスクを分散させると損失が出た時の保険と、値上がりする市場に参入するチャンスを増やすためです。

どちらかが負けている場合でも、損益の補填と精神的に安定した状態を保てるようになります。

FXの通貨ペアとは?初心者におすすめの通貨ペアの特徴・おすすめできない通貨ペアを紹介

FX以外の投資をして資金分散する

FXだけでなく他の分野に投資することで、資産運用全体のリスクを抑えることが可能です

投資は一つの運用にこだわる必要はないので、資金を分散すると安定した運用を行えるでしょう。

中長期で運用を行う際は、FXだけでなく投資信託などでローリスクローリターンの投資を同時に行うことで、損失を抑えて利益を得られます。

分散投資はFXのレバレッジ取引のように大きくは稼げませんが、リスクを抑えて勝率を高められるので安定して稼ぐことが可能になります。

レバレッジを抑える

FXのレバレッジを高めすぎると、1回のトレードにかかるリスクが大きくなり、損失額が増えてしまいます。

日本でのFXでかけられるレバレッジは最大25倍までに定められていますが、FXで成果を上げているトレーダーの中でフルレバレッジ25倍で投資を行う人はいません

トレンドが発生している場合でもレバレッジの倍率は最大で10倍までに抑えて、通常の取り引きは5倍までに抑えましょう。初心者であれば2~3倍の倍率で十分です。

両建てトレード

両建てトレードは、売りポジションと買いポジションを同時に持つことです。

ポジションを同時に持つと利益と損失を相殺して、新しく利益を生み出せます。

両建てトレードはトレンド相場とレンジ相場どちらにも利用でき、予測しにくい相場でのリスクを抑えての取り引きが可能になります

しかし国内FX業者によっては両建てができない場合があるので、口座を開設する前に公式のページなどで確認しましょう。

FX初心者は少額取引で練習する方法が1番有効的なリスクヘッジ

FX初心者はリスクを抑えてFXの経験を積むことが勝率を高めるための近道です

とくに初心者は損切りやエントリーのタイミングで悩む場合が多いので、少額取り引きの結果から比較と検証を行い、ご自身の投資のスタイルの確立に役立てましょう。

少額取引で人気のおすすめFX会社比較ランキング!比較の結果と少額口座の選び方のコツ・注意点

失敗しても少額損失で済ませることができる

FXの少額取引は損失が少ないので、金銭的な余裕と精神的な安心をもって取り引きを行えます

利益を得る金額も少なくなりますが、初心者にとってはリスクを抑える方を優先するべきです。

FXの運用はいかに損失を抑えるかが勝負の分かれ目になるので、高額な利益を狙うのではなく、少額の損失で実践を積まなければなりません。

初心者の方は取り引きで大損する前に、少額の損失で取り引きで失敗の経験を積むことで、長期間に渡ってFXの運用を取り組めるでしょう。

スキルアップを望める

FXは実践経験の中でスキルアップに繋がるので、少額の取り引きを数多く経験する必要があります。

本や動画だけでなくセミナーなどの勉強以外に、自分の資金を使って投資を行うことでしか学べないことは多いです。

損失が出た時の対処や損切りのタイミングなどは、相場を比較して検証しなければいけません。

少額の取り引きで経験を積み、少しずつ利益を出すことを意識して投資に取り組むことをおすすめします。

FXでのリスクヘッジは資金を守るために必要

FXの運用はリスクヘッジが欠かせません。

利益を上げることも大切ですが、一気に損失してしまうとFX取引を続けることが出来なくなります。

基本的に投資はいかにリスクを抑えて利益を出すかが重要なので、リスクヘッジを行いリスクを最小限に抑えなければなりません。

FX会社や為替相場など様々な要因でリスクは発生するので、損失を出さないように準備を整えてから投資を行いましょう

関連記事