カテゴリー
LINE FX

LINE FXはデモトレードできない!その理由と対処法・代わりにおすすめするデモ口座を紹介

LINE FXは2020年に新しくリリースされたFXサービスで、LINE証券が大元となっています。

スマホ専用FXサービスで、パソコン取引することができません。

初心者でも簡単にFX取引できることから、幅広い層から注目されています。

2020年8月現在、スプレッド縮小キャンペーンを実施しているので通常よりも取引コストを抑えたトレードが可能となっています。

今回はLINE FXのデモトレードについて詳しく解説していきます。

LINE FXに類似した機能をもっているアプリも紹介するので、LINE FXでデモトレードしようと思っている人は参考にしてください。

LINE FXの口コミ・評判と気になるメリット・デメリットを徹底解説!

このページのもくじ

LINE FXはデモトレード不可能

デモトレード不可能

まず先に説明しますが、LINE FXにデモトレードは搭載されていません。

LINE FXは本番口座開設のみ可能で、LINE FXを体験したい人は本番口座を開設する必要があります。

LINE FXは2020年にリリースされたばかりなので、シンプルな作りになっています。

デモトレードのみ体験したかったという人は他のFX業者をおすすめします。

LINE FXのトレードアプリは口座開設していなくてもダウンロードすることができます。

操作性の確認をしたい人は、口座開設前にダウンロードしてみましょう。

今後デモトレードができる可能性大

LINE FXは6月に振込入金サービスが導入されています。

上記のように今後新しいサービスが導入される可能性が高いので、デモトレードが今後できる可能性はあります。

LINE証券が提供している投資サービスに現在デモが無いので、今後の動きに期待しましょう。

LINE FXで口座開設していなくてもアプリはダウンロード可能

LINE FXは口座開設していない状態でもアプリをダウンロードすることが可能です。

トレードは勿論不可能ですが、機能を確かめることができるのでおすすめです。

LINE FXアプリの操作感だけ確かめたかった人は先にダウンロードしてある程度体験しておきましょう。

LINE FXのスマホアプリについて徹底解説!使い方やアラート通知の設定方法も紹介! 

LINE FXで口座開設していなくても確認できる機能を紹介

ログインしなくても閲覧可能

LINE FXで口座開設しなくても確認できる機能を紹介します。

LINE FXのアプリは口座開設しなくても閲覧可能な画面があります。

取引を体験することは不可能ですが、操作方法等を確認することができるのでおすすめです。

レート画面を確認できる

LINE FXアプリのホーム画面となるレート画面を確認することができます。

LINE FXのレート画面はシンプルなデザインとなっており、自分でみたいレートを設定することができます。

LINE FXは全部で9種類の通貨ペアを取り扱っています。

ホーム画面ですべてチェックすることができるので、口座開設前に確認しておきましょう。

チャート画面を操作できる

LINE FXはチャート画面を4分割にしてチャートを分析することが可能です。

テクニカル指標も確認できるので、操作感を確認したい人はチャート画面を開きましょう。

ローソク足の色が他のアプリと反対色なので見にくいと感じる人もいます。

ローソク足の変更は可能なので、メニュー画面から変更してみましょう。

マーケット情報は閲覧不可能

LINE FXのマーケット情報は口座開設していないと見ることができません。

口座開設するとマーケット情報や経済指標を確認することができます。

スワップポイントも閲覧できるので、口座開設して取引をしない状態でマーケット情報を確認することをおすすめします。

LINE FXでトレード練習のみしたかった人には向いていません。

LINE FXを少額取引で体験する方法

LINE FXは口座開設して少額取引をすることができます。

少額取引をすると損益が数百円程度で済むのでほぼ無料で本番の取引を体験できます。

全くFXについて知らない人は危険ですが、ある程度FXについて知っている人は少額取引からはじめても問題ありません。

全額投資するのではなく、少額取引でトレードに慣れましょう。

南アフリカランド・トルコリラ円で取引する

南アフリカランド円やトルコリラ円といって高金利差通貨ペアは、他の通貨ペアと比べて証拠金が安く少額取引可能です。

南アフリカランド円の場合
通貨単位 必要最低証拠金
10000通貨単位 2480円
100000通貨単位 24800円

南アフリカランド円の場合約3000円程度で取引をはじめることができます。

トルコリラ円の場合
通貨単位 必要最低証拠金
10000通貨単位 6040円
100000通貨単位 60400円

必要最低証拠金となっているので3000円程度だとロスカットリスクが高くなってしまいますが、1万円程度入金しておけば低リスクで取引することができます。

10万通貨単位でも3万円程度なので、他の通貨ペアと比べても少額で取引可能です。

LINE FXは最低金額いくらから始められる?4万円からって本当?必要最低証拠金が少ない通貨ペアも紹介

LINE FXは10000通貨単位取引不可能だから少額取引できる通貨ペアが限られている

LINE FXは1000通貨単位取引に対応していないので、少額取引できる通貨ペアが限られています。

米ドル円や豪ドル円といった通貨ペアは最低でも5万円必要になってくるので、取引練習にしては高コストです。

1万通貨単位で取引してもいきなり数十万円の損失がおきるというわけでは無いので、ある程度FXについて勉強している人は最初から主要通貨ペアで取引しても問題ないです。

自分の初心者レベルに合わせて取引するのが1番最適です。

LINE FXと類似しているデモ口座を紹介

現金を取引するのが怖いという理由でデモ口座を探している人は、LINE FXと類似しているデモトレードアプリを利用しましょう。

LINE FXの様にアプリに特化したFX業者は他にもあります。

1000通貨単位で少額取引できるFX業者もあるので、一番自分に合っているデモ口座を見つけましょう。

FX口座は複数口座開設できるので、色々試して1つに絞りきれない人は同時開設して資金分散しましょう。

YJFX!はデモトレードをアプリで体験可能!LINE FXと類似している通知機能が特徴

YJFX!

YJFX!はデモトレード可能です。

初期仮想資金も自分で設定できるので、リアルなトレードを体験することができます。

YJFX!は1000通貨単位取引可能なFXなので本番トレードでも少額取引で練習可能です。

LINE FXのような通貨ペアを限られていることはないのでおすすめのFX業者です。

LINE FXのような通知機能もあるので、類似したアプリでデモトレードしたい人はYJFX!でデモ口座開設しましょう。

YJFX!でデモトレードをしたい!デモ口座の開設方法と使いやすさ・デモ取引の注意点を詳しく解説

DMM FXはトレードアプリの仕組みが類似している!とにかく手軽にはじめたい人向け

DMM FXはスキャルピング禁止?

DMM FXのアプリはシンプルなしくみになっているので、LINE FXと類似しています。

ただし、テクニカル分析機能がLINE FXの方が使いやすく詳しく分析することができます。

DMM FXは初期仮想資金が決まっているので、リアルなトレードを体験するというよりFXはどういったものなのか知るのに適しています。

とにかくFX取引を手軽に体験してみたいという人におすすめのFX業者です。

DMM FXの本番口座は10000通貨単位取引からとなっているので、少額取引向けではありません。

DMM FXのデモ口座は使いやすい?取引ツールの口コミ・評判と開設の方法を詳しく解説 

ヒロセ通商「LION FX」は土日でもトレードの練習ができる!

ヒロセ通商「LION FX」キャシュバックキャンペーン内容

ヒロセ通商「LION FX」は1000通貨取引可能で、デモ口座は土日もトレード練習が可能となっています。

LINE FXより取り扱い通貨ペアが豊富で、チャート分析ツールもしっかり搭載しているのでおすすめです。

初期仮想資金を設定できるので、リアルなトレード体験もできます。

FXについて無料でしっかり学べるので、FXについて細かくしっかり勉強したい人におすすめのFX業者です。

ヒロセ通商「 LION FX」のデモ口座の特徴を解説!ログイン方法・使い方・土日のデモ取引の注意点を分かりやすく紹介

LINE FXは初心者でも簡単に口座開設可能!数百円単位の損益が問題無いという人は本番取引をはじめよう

LINE FXは初心者でも簡単に口座開設できます。

数百円単位の損益くらいなら問題ないという人は、デモトレードではなく本番口座で練習してみましょう。

デモ口座は無料で本番トレード体験できますが1円も得することはありません。

本番トレードの場合、数百円程度損失する可能性もありますが儲けることも可能です。

1円も負けたくないという人は別ですが数百円程度の取引なら大丈夫という人は本番トレードからはじめたほうが上達します。

デモトレードより本番トレードをはじめたほうがスキルアップする

デモトレードは完全無料で本番トレードと比べて安全ですが、スキルアップしにくい環境になっています。

デモトレードはFX取引に関する基礎知識や操作方法を学ぶことは可能ですが、本番に必要なトレードスキルを学ぶことができません。

デモトレードで数百万儲けた人が本番トレードで大損失して数ヶ月で自主退場した初心者は沢山います。

デモトレードで儲けることができても本番トレードで通用するとは限りません。

FXトレードで稼ぎたいと思っている人は早いうちに本番口座開設をして本番トレードでスキルアップしましょう。

LINE FXのトレードアプリは初心者でも簡単に使える

LINE FXのトレードアプリは初心者でも簡単に使えるシステムになっています。

簡単操作で使いやすい上にチャート分析をしっかりおこなえるので、上級トレーダーも満足できる仕組みになっています。

これからFXトレードを学んで上達しようとおもっている人に最適なアプリなのでおすすめです。

デモトレードを体験することは出来ませんが、少額トレードで体験できるので口座開設することをおすすめします。

LINE FXはデモトレードできない!少額取引で本番トレードに慣れよう

LINE FXはデモトレードできないことがわかりました。

ただし、少額取引をすることができるので数百円単位の損益が気にならないという人は本番口座開設をおすすめします。

LINE FXは2020年8月現在スプレッド縮小キャンペーンを実施しています。

キャンペーンを実施していなくてもスプレッドは狭いのですが、キャンペーン中はすべての通貨ペアが業界最狭水準スプレッドとなっています。

取引コストを大幅に抑えて取引できるので勝率もあがります。

デモトレードじゃなくても大丈夫かも?とおもった初心者トレーダーは口座開設してみましょう。

はじめから資金額すべて投資に利用しない

デモトレードより本番トレードがおすすめといっても最初の取引から全額投資すれば良いわけではありません。

初めて投資する人は資金を分散して、損失しても良い金額を予め決めて取引しましょう。

少額取引である程度通貨ペアの特徴や知識を深めてから本腰を入れましょう。

ある程度慣れるまで練習しよう

少額取引はFXトレードに慣れるだけでなく、メンタルを整える練習にもなります。

デモトレードの場合損失しても自分の現金が失われるわけではないので冷静な判断ができますが、実際は自分の現金で取引します。

少額取引で自分の資金を失った時冷静になる練習を徹底しておこないましょう。

FXはしっかり勉強しないと勝つことができない投資ですが、メンタル管理が不十分な人も勝つことができません。

少額取引はメンタル面、テクニカル面両方勉強できるのでおすすめです。

どうしてもデモトレードしたい人は他のFX業者でデモ体験しよう

どうしても現金を利用したくない、もしくは何かの理由で口座開設できないけどFX取引を体験したいという人は他のFX業者でデモ体験しましょう。

デモ体験をしている時は仮想資金を自分の資金とおもって取引しないと意味がありません。

自分で本番同様の雰囲気を作ってデモトレードに挑みましょう。

デモトレードは大体1ヶ月体験で充分です。

1ヶ月以上しても自分のトレードスキルが格段にあがることはないので、本番口座開設をして本番の緊張感を体験しましょう。

関連記事