カテゴリー
お金の知識

脱サラで成功する職種を紹介!失敗しないコツや独立向けの仕事を徹底解説

「脱サラ」はサラリーマン暮らしをやめて、自分で事業をする生活スタイルに変える事を指します。

近年「FIRE」という言葉が流行し、投資を成功させてサラリーマン暮らしを脱する事を目標にする若者も増えて来ました。

しかし脱サラは、自分で事業を立ち上げて稼ぐ必要がある為リスクも伴います。

脱サラに失敗して借金を抱えてしまった人や、結局本業に戻る人もいるので「脱サラを成功させる方法が知りたい!」という人も多いですよね。

そこで今回は、脱サラで成功しやすい職種を紹介します。

脱サラで失敗しないコツや独立しやすい仕事を解説していくので、これから脱サラを考えている人は必見です。

年収1000万稼げる職業は?目指せる職業と注意点を解説!

脱サラで成功する職種をタイプ別に紹介

脱サラで成功しやすい職種をタイプ別に紹介します。

脱サラで成功しやすい職種
  • ネットビジネス
  • フランチャイズ
  • 技術職

脱サラで成功しやすい職種は大きく分けて3種類あります。

どの職種も必要なスキルや向いている人・向いていない人があるので、自分がどのような脱サラを目指しているか考えながら見ていきましょう。

FXで脱サラは可能か?成功・失敗エピソードとFXで生計を立てる方法を解説

ネットビジネス

ネットビジネス

ネットビジネスは、インターネットを活用してお金を稼ぐビジネススタイルで、パソコン1台あれば始められるので、若者が副業として始めるパターンもあります

ネットビジネス
  • アフィリエイト
  • ブロガー
  • Youtube

ネットビジネスは年々職種も増えてきているので、稼ぐバリエーションが増えています。

しかし収益化する為にはWebマーケティングのスキルが必要になる為、ネット関連の基礎知識を知った上で始めることをおすすめします。

【2021年】儲かる在宅副業ランキング!PC・スマホで安全に稼げる10個の副業を徹底比較

アフィリエイト

アフィリエイトは、インターネット広告の一種で別名「成果報酬型広告」と言われています。

アフィリエイトは、サイトやブログなどにアフィリエイト広告を掲載します。

設置したアフィリエイト広告からユーザーが商品やサービスを購入・登録した場合、売上の一部が掲載した人に還元されます。

アフィリエイトはブロガーがやっているイメージもありますが、サイトを立ち上げてWebメディアで掲載することもあります。

ブロガー

ブロガーはその名の通り「ブログを書く人」です。

運営しているブログにアフィリエイト広告を貼ったり、企業案件で寄稿・監修したりして利益を生み出します。

一見簡単に見えますが、多くのユーザーがブログを見てもらえるように対策する必要があり、SEO対策などのスキルも必要です。

月に100万円以上の収益を達成している人もいるので、高収入を目指すことのできる職種です。

ECサイト運営

ECサイトは、マーケティング活動・在庫管理・発送手続きまで全て自分で担当し運営します。

売るものはハンドメイド商品や企業から仕入れきた商品で、ハンドメイド商品の場合は利益率が非常に高いです。

一定の購買需要を確立できれば、安定した収益を得られます。

売る商品のブランディング化やECサイトのマーケティングを行う必要があるので、Webマーケティングのスキルが必須です。

Youtuber

Youtuberは動画をYoutubeにアップロードし、再生回数を稼ぐ事によって収益化します。

Youtubeで収益化するにはある一定の条件を満たす必要があり、収益化するまでに1年以上かかる人もいます。

特別なスキルが必要になるというより、より多くの人達に見てもらう為の施策が重要になります。

動画編集方法やバズ施策を考える必要があるので、企画力が必要です。

フランチャイズ

フランチャイズ編

フランチャイズは、フランチャイズ本部になる親企業に対価を支払って、看板を使う権利や経営ノウハウを教えてもらって事業を行います

フランチャイズビジネスは、一般的に「コンビニ」を想像する人が多いです。

しかしコンビニのフランチャイズは経営が非常に困難になっており、社会問題にまで発展しているケースもあります。

今回は、脱サラする人次第で安心して収益化できるビジネスを厳選しました。

フランチャイズ
  • 飲食店
  • ハウスクリーニング
  • マッサージ

フランチャイズは基本的に企業と提携して事業を行う為、事業内容がある程度固定されています。

自由度が低くなる反面、失敗しにくいメリットもあります。

飲食店

飲食店のフランチャイズは、全国展開している有名チェーン店の看板を利用して、営業を行います

飲食店フランチャイズで成功している「ほっともっと」は、企業に支払うロイヤリティが月額8万円(税抜)と決まっており、直営店舗とスタッフを引き継げるようになっている為安定して経営できます。

また、ロイヤリティや加盟契約更新費用を無料にしている飲食店もあるので、安心・安全な契約を交わせる企業を見つけると成功しやすいです。

ハウスクリーニング

ビルやマンションなどの清掃サービス業をフランチャイズしている企業があります。

ハウスクリーニングは専門的な知識・技術を必要とせず、研修期間中に企業スタッフが現場に同行してくれるサポートをしている所もあります。

未経験でも1人で独立できるジャンルなのでおすすめです。

マッサージ

全国展開しているマッサージ事業のフランチャイズになると、一般的なリラクゼーションサロンを1から立ち上げるより初期資金が安くなります。

企業に支払うロイヤリティーは総売上の5%~程度で新規出店から3ヶ月間はロイヤリティー免除などのサポートもあります。

契約後にスパーバイザーがサポートしてくれる企業もあるので、リラクゼーションサロンを立ち上げたいけど資金面に不安がある人におすすめです。

技術職

技術職

技術職は、特殊な技術を使ったビジネスで、サラリーマン時代に専門的な職業に就いていた人におすすめです。

技術職
  • デザイナー
  • プログラマー
  • コンサルタント

専門的な技術が必要になる為、未経験から事業を立ち上げ帯人は事前準備が重要です。

デザイナー

デザイナーは製品・ポスター・雑誌の表紙などのデザインを手掛ける人です。

デザイナーは幅広く活動出来ますが、関わる内容によっては専門知識やセンスが異なるケースもあります。

サラリーマン時代にデザイン系の仕事に就いていた人やプライベートでデザイン活動を行っていた人は、スタートを切りやすい職種です。

未経験者は横のつながりも無い状態からスタートする為、挫折してしまう可能性があります。

プログラマー

プログラマーはパソコンで使うシステムやソフトウェアを作る仕事で、作成ジャンルによって必要な知識が異なります

脱サラでプログラマーになった場合、フリーランスで仕事を受けることになったり、自分でシステムを構築して売ることができます。

プログラマーはプログラミングスキルが必須で、サラリーマン時代にプログラミングの仕事をやっていた人が適切です。

未経験者が0から会社を立ち上げるには非常に難しく、事前に知識を身につけて脱サラする必要があります。

コンサルタント

コンサルタントは、様々な業界・会社をサポートする人で事業のアドバイスやサポートをしてくれます

コンサルは基本どのような業種でも存在するので、サラリーマン時代のスキルを生かしたコンサルタントを目指しましょう。

例えばエステサロンで働いていた人は、エステサロン系のコンサルが上手く運営しやすいです。

コンサルタントはコミュニケーションを誰とでも取れる能力が必要で、人と話すのが好きという人に向いています。

脱サラで成功するコツ

脱サラで成功しやすい職業を選んだとしても、失敗してしまうケースもあります。

脱サラで成功するコツ
  • 経験済みの職種を選ぶ
  • 需要のある職種を選ぶ
  • 副業スタートも考える

脱サラは目的や目標が明確になっていないと失敗してしまうので、成功しやすい業種を選んだ上で具体的な行動まで計画を立てておきましょう。

経験済みの業種を選ぶ

未経験の職種を選ぶと、サラリーマン時代に得たノウハウを活かすことが難しく、失敗をリカバリーできない恐れがあります。

経験済みの職種を選ぶ場合、経験や知識を活かして事業に取り組めるので、未経験の職種より成功率がアップします。

全く触れていない業界に飛び込みたい人も居ますが、リスクも伴うので、脱サラをまずは成功させたいと思う人は経験済みの業種から選んでみましょう。

少額資金から始められる

新規事業を立ち上げた際、膨大な初期費用が掛かるものは失敗した時、取り返しのつかない状況になってしまいます。

少額資金で新規事業を立ち上げれられる職種は、失敗しても次に進むことができます。

脱サラはチャンスをより多く受けられる環境が成功する鍵になるので、なるべく初期資金を抑えた職種を選びましょう

日常生活に関わる仕事を選ぶ

日常生活に関わる業種は需要が無くなるリスクが無い為、案件が無くなるリスクを回避できます。

まずは脱サラで始めたい業種は、需要があるのか確認しましょう。

今現在需要がある物でも、数年後にはなくなるケースもあります。

需要が常にあり続ける業種は日常生活に関わる職種が多く、安定したスタートを切りたい人におすすめです。

副業スタートが出来る

副業スタートできる業種は、本業をやりながら脱サラの準備が可能です。

本業をやることによって安定した収入を得られるので、脱サラを完全に出来る状態になるまで待てます。

副業の場合、専業並に時間を費やすことは不可能ですが、副業からでも充分脱サラの準備をすることは可能なので、安心して脱サラしたいという人は副業からスタートしてみましょう。

FXは副業にあたらない?会社にバレずに始められる?副業かどうかの判断基準と稼ぐポイント

脱サラする時に注意するポイント

脱サラする時の注意点をまとめました。

脱サラする時に注意するポイント
  • 事前準備
  • スキル取得

脱サラは、今やっている仕事をやめて新規事業を立ち上げればだれでも始められます。

しかし脱サラで成功し、安定した収入を得たい場合は、サラリーマン時代から計画を立てておく必要がります。

これから注意点を詳しく説明するので、失敗しない為にも確認しておきましょう。

事前に準備しておく

脱サラを「なんとなく始める」人は失敗する可能性がグッと上がります

国内の起業後の起業生存率は1年後で95.3%、10年後で70%です。

つまり10年間事業を続けられているのは全体の7割になります。

上記のように、脱サラして新しく事業を始めるとしても廃業してしまうリスクがあるため、事前準備によってリスクを回避する必要があります。

「失敗しない!」と思う人もいますが、脱サラすると事業を全て個人で行う為、挫折してしまう人もいます。

独立できるレベルのスキルを取得する

脱サラする場合、独立できるレベルのスキルを取得しているか否かが重要です。

スキル不足や知識不足で事業を始めると、失敗する可能性が高くなります。

スキルをしっかり身に着けておけばおくほど成功に近づくので、脱サラをしたい人は脱サラした後に始める業種について勉強しておきましょう。

脱サラしたい人は失敗しにくい事業を手掛けよう

脱サラで成功しやすい業種は多数存在しますが、脱サラする人によつて向き不向きが存在します。

まずは脱サラする理由を明確にして事前準備に必要な知識・ノウハウを手に入れましょう。

関連記事