カテゴリー
FXブロードネット

FXブロードネットの入金・出金方法は?資金移動の注意点・反映時間・手数料を紹介

FXブロードネットは独自開発している「トラッキングトレード」が有名なFX会社です。

業界最狭水準スプレッドを提供しているので、主要通貨ペアで取引したい人やスキャルピングトレードをメインにしたい人におすすめです。

今回はFXブロードネットの入金・出金方法を解説します。

取引コース間の資金移動や反映時間・手数料について細かく説明するので必見です。

FXブロードネットで口座開設した人は、参考にしてください。

このページのもくじ

FXブロードネットの入金・出金基本情報

FXブロードネットの入金・出金の基本情報をまとめました。

FXブロードネットの入金・出金の基本情報
サービス概要 出金 入金
クイック入金 マッチング入金
反映時間 2営業日後以内 即時反映
  • FXブロードネットで着金確認後反映
  • (確認時間;営業日9:00 11:00 13:00 15:00 17:00)
利用可能時間or受付時間 平日17:00まで 24時間可能 銀行ATM・窓口の利用時間によって制限される
手数料 FXブロードネットが負担 FXブロードネットが負担 お客様負担
手続き方法 各取引ツールにて依頼可能 各取引ツールにて操作可能 銀行ATM・窓口からの振込

FXブロードネットはリアルタイム出金のシステムを搭載していません。

即時出金ができないので、計画的に出金依頼しましょう。

ネットバンキングを持っている人はクイック入金が可能となっています。

マッチング入金より早く反映されるのでおすすめです。

FXブロードネットの入金方法は2種類

FXブロードネットの入金方法は2種類あります。

クイック入金はネットバンキングから入金する方法で24時間利用することが可能です。

反映も即時反映なので、急いでいる人におすすめの入金方法です。

マッチング入金は銀行ATM・窓口から振込入金する方法です。

手数料が自己負担なので、取引コストがかかってしまいます。

クイック入金の金額は5000円以上からの入金のみとなっており、上限金額は利用している銀行によって異なります。

ネットバンキングを契約している人はクイック入金がおすすめ

ネットバンキングを契約している人はクイック入金がおすすめです。

クイック入金は手数料が無料だったり即時反映だったりするのでマッチング入金よりメリットが多いです。

ネットバンキングの契約は、既存の銀行口座からすぐ契約することができます。

銀行によってネットバンキングの契約方法は違いますが、契約が簡単な銀行は3分でネットバンキングを契約できます。

FXブロードネットと提携しているネットバンキング一覧

FXブロードネットと提携している金融機関をまとめました。

FXブロードネットと提携している金融機関
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

各銀行の定期メンテナンス中はクイック入金を利用することができないので、自分の利用している銀行のメンテナンス時間を把握して利用しましょう。

FXブロードネットはリアルタイム出金システムを搭載されていない

FXブロードネットはリアルタイム出金システムを搭載していません。

リアルタイム出金は、出金依頼すると即日反映されるシステムです。

国内では数少ないFX会社が搭載しているシステムです。

出金制限があるので大きな金額を出金したい人は利用することができません。

リアルタイム出金に興味がある人は、リアルタイム出金を搭載しているFX会社を調べてみましょう。

FXブロードネットはクイック入金なら手数料無料!

FXブロードネットの取引コスト

FXブロードネットはクイック入金なら手数料が無料になります。

数百円程度の手数料ですが、入金を何度も積み重ねていくと年間数万円支払うことになります。

取引コストを抑える為に、クイック入金を選択するのも1つの手段です。

スマホから入金することが可能なので、場所を選ばず入金できます。

マッチング入金は手数料が自己負担

マッチング入金は手数料が自己負担となっています。

振込みを手作業でおこなうので、銀行窓口・銀行ATMに行かないと入金することができません。

クイック入金に比べてメリットが少ないので、なるべくネットバンキングを利用したクイック入金で入金しましょう。

FXブロードネットの入金反映時間を紹介

FXブロードネットの入金反映時間について紹介します。

クイック入金の場合、24時間入金可能で即時反映されます。

マッチング入金の場合FXブロードネットの着金確認時間によって反映される時間が異なります。
FXブロードネットの着金確認時間は毎営業日の9:00/11:00/13:00/15:00/17:00となっています。

銀行ATM等で入金しても反映が遅い場合はFXブロードネットが着金を確認していない状態なので、次の確認時間まで待つ必要があります。

クイック入金は即時反映

クイック入金は即時反映なので、待つ手間が省けます。

手数料も無料になるので、クイック入金を積極的に利用しましょう。

証拠金維持率の低下で追加入金しようと思っている人はスピードが重要になってくるのでクイック入金を利用してロスカットを回避しましょう。

マッチング入金は着金確認後反映

マッチング入金は着金確認後に反映されます。

クイック入金では入金できない金額をマッチング入金で入金することが可能です。

反映に時間が掛かってしまいますが、高額入金したい人は銀行窓口で入金手続きをしてください。

出金の手数料はFXブロードネットが負担してくれる

出金の手数料はFXブロードネットが負担してくれます。

収益が手数料によって減ることはないので安心してください。

ただじ「トラッキングトレード」は取引手数料がかかってしまいます。

出金手数料はかかりませんが、取引手数料がかかってしまうので注意しましょう。

新規口座開設者は90日間取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。

「トラッキングトレード」を体験してみたいと思っている人は、キャンペーン実施期間に体験して取引コストを抑えましょう。

どのFX会社も出金手数料は無料

国内FX会社はほとんど出金手数料を無料にしています。

FXブロードネットが特別なサービスを提供しているわけではありません。
基本的に入金・出金の手数料は無料に設定しているので、他のFX会社も取引コストを抑えることが可能です。

入金・出金の手数料以外のサービス内容が自分の取引方法とうまくマッチしているか考えて口座開設しましょう。

出金反映時間は依頼した時間帯によってかわわる

出金の反映時間は依頼した時間帯によって変わります。

平日の17:00までに出金依頼をした場合、原則翌日営業日から2営業日までの間に振り込まれます。

平日の17:00を過ぎてしまうと翌営業日の受付時間に出金依頼を受け付けるので、振込反映に時間がかかってしまいます。

17時までに出金依頼すると2営業日後までに反映

17:00までに出金依頼をすると2営業日後までに反映されますが、一番早い反映だと翌日の9時に反映されます。

金額によって時間がかかる場合もありますが、ほとんど翌営業日の9時ごろに反映されているので確認しましょう。

17時以降に出金依頼すると受付が翌日になる

17:00以降に出金依頼すると翌営業日受付なので反映が1日遅れになります。

土日・祝日は出金依頼をすることはできますが、受付が営業日になるので反映に時間がかかってしまうので注意しましょう。

入金・出金に関する年末年始スケジュール

FXブロードネットの入金・出金に関する年末年始スケジュールを紹介します。

入金・出金に関する年末年始スケジュール
日付 出金 クイック入金 マッチング入金
12/25 14:00までの受付→12/26日送金 通常通り
12/26 通常通り 通常通り
12/27 通常通り 通常通り
12/28 通常通り 通常通り
12/29 17:00までの受付→1/4日送金 通常通り
12/30
12/31
1/1
1/2
1/3
1/4 通常通り 通常通り

クイック入金は年始年末も通常通りですが、マッチング入金・出金依頼は利用できない日があります。

年末の取引は危険性が高いので、12月の取引は控えて早めに出金依頼しておきましょう。

年始年末・クリスマスは受付していない時間帯がある

上記の表をみてもわかりますが、受付していない時間帯があります。

年末は取引するトレーダーがかなり少ないので相場変動が激しくスプレッドもかなり開いた状態となっています。

入金・出金も含め、FX取引に関する操作は12月にはいる前に済ませておきましょう。

12月前に入金・出金を済ませておこう

12月は取引を控えるので入金より出金依頼をする人が多いです。

12月は出勤依頼が通常通りに反映されない可能性があるので、11月中に出金作業を終わらせておくのがベストです。

FXブロードネットのコース間で資金移動は可能!

FXブロードネットは取引コースが複数あるので、複数口座を開設することができます。

FXブロードネットでは口座間での資金移動を可能にしています。

複数口座をもっている人は資金移動を登録して、資金移動をいつでもできるように設定しておきましょう。

ポジションを持ったままでの資金移動に気を付けよう

ポジションを保持している口座から資金移動させるときは、ロスカットにならないように気を付けましょう。

有効証拠金に余裕がない状態だとレート変動によってロスカットになってしまう場合があります。

必要証拠金だけでなく、証拠金維持率も同時に考えながら資金移動しましょう。

FXのロスカット(強制決済)とは?証拠金維持率の計算方法と主要FX会社のロスカット条件

資金移動に関わる手数料は無料!

資金移動する時に手数料はかかりません。

資金移動は移動登録後即時反映されるので、マッチング入金よりも手早く資金を口座に入金することができます。

新しく資金を入金する必要がないので状況に応じて資金移動しましょう。

FXブロードネットの入金・出金手数料は無料!クイック入金で即時反映システムを有効活用しよう

FXブロードネットの入金・出金手数料は無料ということがわかりました。

マッチング入金は手数料がかかりますが、クイック入金の場合手数料が無料なのでクイック入金をおすすめします。

クイック入金は反映が即時にされるので、急いでいる人やロスカットを回避したい人はクイック入金で入金しましょう。

ネットバンキング契約して入金をスムーズにおこなおう

クイック入金はネットバンキング契約が必要となります。

既存の銀行口座でネットバンキング対応に変更することも可能なので、各銀行のシステムを確認しましょう。

銀行によっては数分の手続きでネットバンキング契約を完了することができます。

クイック入金を利用する予定の人は、FXブロードネットの口座開設と同時にネットバンキングも契約しておきましょう。

出金は計画的に!資金移動もロスカットに注意しよう

出金や資金移動の際にポジションを持っている人は、ロスカットに注意しましょう。

有効証拠金に余裕が無いとロスカットになってしまう可能性が高くなります。

証拠維持率をあらかじめ取引ルールで設定しておくとロスカットになる確率を低くできます。

ハイレバレッジ取引中は出金・資金移動をせずに決済してから資金操作しましょう。

FXで強制ロスカットされても借金が発生する!どんなトレーダーにも潜む借金の可能性

年始年末の入金・出金はなるべく避けよう

年始年末の入金・出金はなるべく避けましょう。

出金依頼を17:00までにしても出金反映されるのに数日以上かかってしまう場合があります。

12月は取引を控えて、出金依頼を12月までに済ませておきましょう。

リアルタイム出金を利用したい人は他のFX会社を選択しよう

FXブロードネットはリアルタイム出金システムを搭載していない会社なので、リアルタイム出金があるFX会社を選びたい人は他社を選びましょう。

リアルタイム出金は各FX会社によって出金額の制限があります。

自分がどれくらいの資金運用をするかによって出金する金額も異なるので、一番自分に合うリアルタイム出金システムを提供しているFX会社を選択しましょう。

金額が約300万円を超える出金をしたい人は、リアルタイム出金に対応していない可能性が高いのでおすすめしません。

関連記事