カテゴリー
失敗

FXのリスクが怖い方におすすめ!大失敗を回避して安全な投資・トレードをする方法

  • FXって怖いイメージがあるけど大丈夫なの?
  • レバレッジを効かせると借金してしまうリスクあるって本当?
  • リスクに対する対策ってないの?

FXに興味を持ってやってみたいと思っている人が一番不安に思っている事って「FXは一歩間違えれば借金地獄や大損してしまうリスクの高い怖いもの」ってイメージが本当かどうかですよね。

「FX 失敗談」と検索して調べてみるとたくさん出てくる悲壮な体験談…FXってそんなに危険なものなのか…と怖いイメージを持たれてしまいますよね。

結論からお話しさせてください。

確かにFXは、大損したり最悪の場合、借金することもあります。

しかし、しっかりと対策してレバレッジを最大に効かせるようなかけかたをせずに、リスクへの対策を行っていれば、人生が狂うような失敗どころか、コツコツと利益を積み上げることだって可能ですよ!

もちろん、あなたがなんの勉強もせずにFXを始めてしまった場合、話は別です。

FXに限らず、何をするにしても勉強は必要ですし、ましてや大切なお金の取引をするわけですから、より一層の勉強が必要となります。

勉強をせずにFXを始めてしまうと、当然ですが大損してしまったり、最悪の場合、借金を背負う可能性は跳ね上がります!

借金になることは、FXのシステム上、「基本的」にはありません。

しかし、あるかないかの二択で答えるならFXで借金をすることはないとは言い切れません。

それこそFX失敗談で見るようなあなたの人生を変えてしまうほどの借金を背負ってしまう可能性もあるのです。

しかし、今からこの記事で紹介するFXが安全である仕組みや損失に対するリスク対策をしっかり理解して行えば、FXは怖いというイメージを払拭できますよ。

「FXに興味があるけど、大損しそうで怖い」「リスク対策が重要って聞くけど、具体的にどうすればいいのかわからない」と考えていた人も、この記事を読んで知識を身に着ければ安心してFXに臨めます。

それでは、FXが怖くない理由や損失回避のためのリスク対策について紹介していきますね。

FX初心者にありがちな怖い失敗とは?失敗談から学ぶ!借金・破産を防ぐリスク回避方法

FXが恐いと感じるのはなぜ?

なぜ多くの人がFXに対して怖いというイメージを持つのでしょうか?

おそらく、インターネットでFXの失敗談などを見て、少し間違えたら大金の借金を背負ったり、一瞬にして数百万円ものお金を失ってしまうイメージがついているのでしょう。

しかし、彼らがそのような大損をしているのには、しっかりとした理由があります。

要するに、リスク管理をしない一攫千金を狙ったギャンブル的「取引手法」をしていたせいで、彼らは大失敗をしているのです。

レバレッジのシステムが一人歩きしているせい!

FXが恐いものというイメージがついている理由の一番の原因がレバレッジシステムです。

レバレッジとは、自分が持っている(FX業者に預け入れている口座残高)お金よりも実質、大きな金額の取引ができることシステムのことです。

日本ではこのレバレッジを最大25倍までかけることが法律で許されており、例えばFX業者に預け入れいるお金が100万円だとすると、自分はそんな大金を持っていないのに2500万円の取引が可能ということになります。

相場がプラス動けば利益は、普通に100万円で行った取引より25倍多くなりますが、マイナスに動いて損失を出した時も同様に25倍の多くなります。

この損失も25倍…これが大きな損失を出し、FXに興味を持ち始めたけど、詳しくは知らないという人に怖いイメージを植え付けるのです。

失敗談などでは、わざわざ「レバレッジ25倍で取引していて~」と書かれていないことも多かったり、FX界隈で使われるような業界用語で書かれていたりするので、このシステムがわからず、FX=大損失と紐づいてしまうのですね。

ハイレバレッジで取引を行えば、FXは怖いものに…

それでは、レバレッジを使わない時(1倍)と25倍の時を比べて、1ドル=100円から95円に下がった時にどれだけの損失差が出るのか計算します。

【レバレッジをかけない状態で100万円で買えるドル】

100万円÷100円=10,000ドル
ここから1ドル=95円に下がると…
10,000ドル×95円=950,000円
損失金額は…
950,000円-100万円=−5,0000円

【レバレッジを25倍かけた状態で100万円で買えるドル】

100万円×25倍÷100円=250,000ドル
ここから1ドル=95円に下がると…
250,000ドル×95円=23750,000円
損失金額は…
23,750,000円-2500万円=−1250,000円

損失の差を見てみるとマイナス5万円とマイナス125万円で120万円もの損失差が生まれました。

レバレッジを25倍かけて取引すると、1ドルが5%円高になった場合、100万円が0.75倍にもなってしまうのです。

上記の計算例のように元手の資金よりも大幅に高額な取引が可能で、ハイリスクになってしまうというのがレバレッジのデメリットになりますが、逆も然りで、予想を当てて5%円安になっていたとしたら、その分利益を得ていたと言えるわけです。

このハイリスクハイリターンで大金を手に入れようとしてレバレッジをかけて予想を外して損失を負うことになってしまうのですね。

怖いシステムですが、同時に大きなメリットも持ち合わせていることが一攫千金を狙うトレーダーには魅力的なのでしょう。

FXはちゃんと調べれば怖いものではない!

FX=怖いイメージは高いレバレッジを効かせて取引して失敗した人の失敗談からくるイメージです。

しかし、レバレッジを効かせていても、借金や全資金が無くなるというようなケースは稀です。

FXのシステムについてしっかり調べればFXが怖いものではないということがわかりますよ。

FXが安全である理由について紹介していきます。

基本的にはロスカットシステムが作動するので借金はない

FXでは基本的に借金したり、証拠金維持率が設定されている関係上、口座の残高が空っぽになるほどの大損することはありません。

なぜなら、ほとんどのFX業者がロスカットという強制決済システムを導入しているからです。

証拠金維持率って?

証拠金維持率とは、FX取引をするうえで自分が口座に入れているお金の残高が業者ごとに設定された%に到達した時点で強制的に決済(ロスカット)をして取引を終わらせる割合のことを言います。

例えば、あなたが10万円をFXの口座に入れているとして、証拠金維持率が70%に設定されている業者を使用していた場合、その取引中にあなたの相場予想が外れて7万円まで口座の残高が減ると、強制的に取引を終わらせてくれるのです。

ロスカットとは?

ロスカットとは、FXにおいてトレーダーが損失を出したときに、取引口座残高(10万円入っていれば10万円)以上の損失が発生しないように業者が強制的に取引を決済するシステムのことになります。

さきほども説明した証拠金維持率が50%以下になるとロスカットが行なわれる業者の場合であれば、相場が一気に動いてトレーダーに口座残高以上の多額の損失が発生したとしても預けた証拠金の50%は残るのです。

口座残高10万円で、証拠金維持率が50パーセントなら、仮に1000万円の損失を出すような相場変動が起きたとしても、FX業者がそうなるまえにあなたの口座残高が5万円になった時点で強制的に決済してくれているとイメージすればわかりやすいでしょうか。

ロスカットシステムのおかげで基本的には元手資金以上の損失は発生することはありませんから、そうなれば当然借金を背負うこともありません。

ロスカットシステムのおかげでFXは借金や大損失の可能性が低いということわかってもらえたと思います。

だからといってFXが絶対に借金や大損失しないものというわけではありません。

レバレッジを25倍かけていて、大きな損失を出したときロスカットが発動しなかった場合など、人生を狂わせるような借金を背負う可能性があるのです。

しかし、そのようなリスクに対してもしっかりと対策を取っていれば、まず借金も損失もしないので安心してください。

しっかりとリスク回避の対策を取れば大きな損失はない

FXに対して怖いイメージを持つ方は多くいらっしゃいますが、インターネットでよく見るようなFX失敗談などは、リスクに対して何も対策せずに高いレバレッジを効かせて、ギャンブル的な取引手法でFX取引を行っていたからだということがわかりました。

それでは、借金や大損をしないための具体的な対策方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

詳しく紹介していくので、しっかりと読み込んでリスク対策を徹底しましょう。

レバレッジをかけないか低レバレッジで取引を行う

レバレッジは倍数を聞かせれば効かせるほど、ハイリスクハイリターンになっていきます。

レバレッジをかけた状態で自分の予測と間違った方向に相場が動けば、その分大きく損をしてしまいますから、レバレッジは低ければ低いほどリスクの対策になると考えていいでしょう。

FXを長く経験していて自分で相場の予測を立てられたり、情報を集める事ができたり、そもそものFXに対する知識や経験があるトレーダーになって初めてハイレバレッジで取引するべきです。

最初のうちは、レバレッジなしから3倍程度にまで抑えて取引をしていくべきです。

為替変動が激しい時を避ける

数年前のスイスショックは、FXのことについて調べているうちに嫌でも目にする一件で、FXをよく知らない人でもFX失敗談の代名詞として知っている人もいるくらい有名な価格変動ですよね。

このスイスショックでの失敗談は非常に多く、この一見は多くの人にFXに対して怖いイメージを持つきっかけを作りました。

スイスショックのように一瞬で数円〜数十円もの相場変動が起きた場合、高いレバレッジをかけて取引を行っていると、ロスカットが間に合わず証拠金を超える損失、つまり借金を背負う可能性があります。

スイスショックだけでなく、相場の変動が激しすぎる場合、本来強制であるはずのロスカットの注文が約定されずに、本来のロスカット水準(もしくは業者ごとに設定されている証拠維持金)からかけ離れたレートで取引が成立してしまうことがあり、大損失となるのです。

リーマンショックや最近の出来事ですと新型コロナウイルスなどの世界の経済に影響を及ぼすようなイベントが発生すると、相場が急激に変動してしまうことが多く、高いレバレッジを効かせて取引していた場合、借金や大損をしてしまう可能性があります。

このような経済に大きな影響を与えるイベントが発生した際は、多くのトレーダーが損失を避ける一方で逆に多くのトレーダーが利益をだそうと動き出し、ポジションを変えながら大量に売買をします。

そうなってしまうと、その急激な変動を処理できないことで一時的に相場が停止して、次に値がついた時は急激な相場変動をしていてFX業者のロスカットの発動が遅れてしまい、ロスカットラインの金額を超えても強制決済されずにロスカット遅延が発生し、追加証拠金を払えずに多くの人々が莫大な人生が狂うほどの借金をしてしまう結果になるのです。

スイスショックのようなことは、非常に稀なケースですがこのレベルの暴騰が起きた場合には、FX業者のロスカットに遅延が起きて、強制決済されずに借金をしてしまう可能性があるのです。

リスクを考えるなら、このような時にFXで取引することは避けましょう。

レバレッジを効かせていなくても初心者の方は取引を行うべきではないです。

自分で相場予測が立てられない経済イベント時には取引しない

最近で言えば新型コロナウイルスや過去にはリーマンショック、イギリスのEU離脱など経済に大きな影響を与えるイベントや経済指標発表時など、為替予測が立たない、立てられない場合はポジションを保有しないようにしましょう。

このようなイベント時こそ、チャンスであるという考えを持つトレーダーもいますが、このような経済イベント発生時は、有名トレーダーと呼ばれる投資家でも予測を外す可能性があるほど予測が難しいうえに、大きく相場が動くので、FX初心者が手を出すにはリスクが高いです。

例えば、アメリカの大統領選でトランプ大統領が当選するのを予測できた人はどれだけいるでしょうか?

それを当てられる、予測できる人や2分の1にかけてギャンブル的に一攫千金を狙う人以外は避ける方が無難です。

経験や知識、情報や根拠を持った分析手法で、高い確率で相場の動きを予想し、ポジションを持つのがFX「投資」なので、予測がつかない時にポジションを持つのは、もはやギャンブルですし、とても危険です。

実際にEU離脱では、一部の有名な凄腕トレーダーこそ利益を得る事ができましたが、参加したトレーダーのほとんどは資産を損をする結果になってしまいました。

FXを続けていると、ニュースを見ていて「経済に影響が出そうだな」と少しずつわかってきます。

少しでもそう感じたのならポジションを持っている場合、いったん解消して経済イベントが終わるまでは、ポジション保有を避けたほうが賢明です。

週をまたいでポジションを保有しない

週をまたいで(土日を挟んで)ポジションを保有しないことはリスク対策に繋がります。

日本では土日、FX市場は休みです。

日本人はポジションの売買はできないようになっていますが、土日の間も海外の人は売買をしています。

そうすると先週の金曜日と土日を挟んだ月曜日の間で何らかの経済イベントが起きた場合、為替レートが大きく変動する可能性があるのに、日本人はその状況をただ眺める事しかできず、決済取引ができないのです。

もし、あまりの急激な変動にロスカットも発動しなかったとしたら、なんの策も講じれずに指を加えてみている事しかできないのは精神的にもよくないですし、何より借金、損失のリスクが高くなります。

以上の理由から経済イベントが発生しても決済できない土日を挟むリスクを考えると、金曜日で決済し、週末はポジションを持ち越さないようにするのがいいです。

通貨ペアはドル/円相場などのメジャー通貨のみする

ドル/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドルなどのメジャーな通貨ペアでの取引は、取引に参加しているトレーダーも多く、価格相場の動きが比較的緩やかになります。

急激に価格相場が変動することがないので仮にレバレッジをかけて取引する際にも一気に大損失とはなりにくいです。

自分の中で損切ラインを決めて、含み損がいくらに達したら退場すると決めておけば、仮にレバレッジをかけていてもロスカットまで損失を出すということはそうそう起きないです。

情報収集もしやすく、為替の動きも安定しているため様々な側面から見てメジャー通貨ペアでの取引は低リスクなのでFXを始めたい、始めたばかりという初心者にお勧めです。

一方で、上述のメジャー通貨ペアでないマイナー通貨ペアの相場価格は急激に変動することがあり、不安定なのでリスクが高いです。

リスクを考えるならマイナー通過ペアに手を出すのは控えましょう。

逆指値注文を使う

相場が大きく変動しそうな経済イベントが起きそう、相場価格が激しく変動している…それでもポジションを保有しておきたいという場合には、逆指値注文を必ず入れておくべきです。

逆指値注文を入れておけば、仮に自分が予想した相場とは反対に急激な変動を見せたとしても、あらかじめ自分の設定している金額で損切りされるので、損失を抑えられ、借金や損失のリスクが大幅に減ります。

スイスショックの時も事前に逆指値注文を入れていたリスク管理、対策がしっかりできていた人は、多少の損失は出たものの、借金を背負うほどの損失は免れたという人が多くいます。

少額で取引を行う

借金のリスクや損失のリスクを考えるなら、そもそも無くなって辛い金額をFXの資金にするのをやめて、1~3倍のレバレッジで運用していくのが良いでしょう。

経験や知識、情報収集や予測が立てられるようになった時にもう少し金額を上乗せして徐々に慣れていけばいいのです。

それでもFXが怖い方におすすめ!リスクを回避する方法

FXは仕組みやリスクに対する対策をしっかりと取れば、あなたがイメージするような怖いものではないということを紹介してきました。

しかし、実際に体験してみないと本当に大丈夫かどうかなんてわからない!という方もいるかと思います。

言葉だけ聞いて、今まで怖いと思っていた未知のものに足を踏み入れるのは、確かに勇気がいりますよね。

未知の世界に足を踏み入れるなら蛮勇にならないようにしたい!

そのような慎重派で冷静な方のために、FXを始める前にやっておくべきことをいくつか紹介いたします!

本でFXを勉強する

本は情報の発信者が特定されています。

名前を出している分、その人がFX界隈でどれだけ結果を出している人間なのか、どれだけ信頼できる人間なのかが明瞭です。

匿名の方が運営されているブログやSNSなどのネットの情報よりも信頼性が高いです。

FXを始めたばかりの初心者向けの方に、FXトレードにおける基礎から判りやすく解説している本もあり、ブログなどのように「最低限の知識は持っている」上での情報発信ではないので、興味があるだけでまだFXがどのようなものかはわからないという人にお勧めです。

本での説明の仕方によって自分に合う、合わないがありますから、自分に合った本を見つけたら、理解できるまで読み込みましょう。

本で勉強しFXは運用方法によっては安全であると知識がつけば、「未知の怖いもの」というイメージも薄れて、FXの世界に足を踏み入れられますね。

FX業者が開いているセミナーに参加

FXのトレード環境を提供している会社などが行っているセミナーに参加すれば、FX会社が選んだFXの専門家による講座を受けることができるので、わかりやすい解説を文字ベースではなく、直接口頭ベースで情報を受け取ることができるうえに、その専門家への質問時間なども設けられている場合が多く、不明点・疑問点の相談もできます。

また、こういったセミナーに参加するのは、あなたと同じくFXの事を勉強したいというまだFXをやったことがないという人や初心者で始めたばかりのトレーダーが多く参加します。

他の参加しているトレーダーと交流を深めて、為替情報などを交換できる知人を作る良い機会になりますので、参加した際は、積極的に交流していきましょう。

FX会社によっては、日本全国各地どこでも無料でセミナーを開催しているうえに、セミナー参加者のFXの理解度に合わせたレベルのセミナーも行っているので、「FXとはどういうものなのか」といったあなたのレベルに合わせたセミナーに参加するといいでしょう。

段階を踏んで、徐々にセミナーのレベルをあげていけば、わかりやすくあなた自身のFX理解レベルもあがっていきます。

興味を無くさずに、勉強し続ける為にも背伸びせずに自分のレベルにあったセミナーレベルを選択する方が良いです。

同じくらいのFX理解度の方が参加するので、同じ悩み共有することもできますしね。

実際にFXをしている人から直接、FXが危ないものではないと聞けば、怖いイメージを払拭するのに充分な材料になってくれます!

FX業者が提供しているデモトレードを使用してみる

ある程度FXの知識を身につけ、最低限の仕組みやシステムを理解したら、次は無料で練習可能なFXデモトレードで取引を疑似体験し、相場の動きや操作に慣れましょう。

いくら勉強をしてリスク対策の術を学んでも、実践でできなければ意味がないです。

知識を持ったことで、気が大きくなって「これでFX取引に勝てる」というほど、FX取引は甘くないです。

FXの失敗談などでよくある、口座資金を全額損失してしまったというような話も操作に慣れず、ケアレスミスで痛い目にあった初心者の事です。

言ってしまえば、こうしたミスもリスクのうちの一つですよね。

こういったリスクを回避するために、FX業者によってデモトレードを無料提供しているのです。

デモトレードは、本番とほとんど変わらない環境でFX取引を体験できるうえ、実際にリアルタイムで動いている相場でできるのが大きな利点です。

実際にお金をかけている訳では無いので、ストレス、プレッシャーなどのメンタル面に大きな違いはありますが、取引ツールの操作方法や相場の動き方などを体験できます。

知識を身につけたからといっていきなり本番で取引を始めずに、デモトレードで練習して、ある程度の感覚を掴んでから本番の取引をしましょう。

FXの仕組みを理解すれば過剰に怖がることがなくなる

この記事では、FXは仕組みやシステムをしっかりと勉強し、リスクに備えて対策を立てていれば、失敗談のように借金を抱えたり、多額の損失を簡単に失うような怖いものではないということを説明してきました。

ロスカットや証拠金維持率、レバレッジといったシステムの仕組みを理解すれば、リスクも高くありませんし、そのそこまで高くないリスクにさえ対策を立てられるのです。

しかし、勉強もせずにそういった仕組みを理解せずになんの対策もせずにFX取引を始めてしまえば、一瞬で失敗談の人たちのように大損をしてしまう可能性があることは肝に銘じておきましょう。

以下、FXが怖いものではない理由についてのまとめです。

FXが怖いものではない理由

  • ロスカットシステムや証拠金維持率の設定のおかげで借金や大損する前に強制的な決済が行われる
  • そもそも大損してしまう人がいるのは高すぎるレバレッジを効かせてFX取引を行っているという背景がある

FXで大損しないためのリスク対策まとめ

  • 相場が荒れているならポジションを解消
  • 相場の予測が立てられないなら取引しない
  • 土日を挟んでポジションを保有しない
  • レバレッジはかけても2、3倍に
  • 通貨ペアはドル/円などのメジャー通貨にしよう
  • 少額での取引にしよう
  • 逆指値注文を活用!

以上さえ気を付けていれば、損失も抑えられますし、借金をしてしまうことはまずないです。

自分の知識や実力に合わせて、適切なFX取引をしていきましょう。

関連記事